構造

  • 88件の商品がございます。
  • 1 | 2 | 3 | 4 次へ>>
月刊建築技術 2018年3月号 CPD2単位
  • NEW

月刊建築技術 2018年3月号 CPD2単位

【特集】「仕組み」から知る鋼構造設計の勘所
監修:宮里直也(日本大学理工学部建築学科教授)
鋼構造建物が出来上がるまでの「仕組み」に着目し,構造設計者が理解すべき基本的な事項や,気に掛けるポイントを取り上げる。2015年11月号,2017年4月号に続く鉄骨構造関連の特集。

【architectural design】
漱石山房記念館〈内〉と〈外〉の間XXVI│入江正之・入江京+フォルム

価格(税込) 1,900 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2013年5月号 CPD2単位

月刊建築技術 2013年5月号 CPD2単位

【特集】中大規模木造建築設計の悩み解消法
監修:大橋好光
中大規模木造建築の設計に長けた実務者が,木造建築へのアプローチの仕方,材料・規格の知識,コストコントロール方法,構造計画,耐火設計,接合部設計の方法など,実務上知っておくべき情報を整理し解説します。

【architectural design】
港区立たかはま保育園,他│日本設計
内の家│坂牛 卓

価格(税込) 1,903 円 詳しくはこちら

個数:
規基準の数値は「何でなの」を探る 3

規基準の数値は「何でなの」を探る 3

寺本隆幸+大越俊男+和田章 監修

法や指針などで定められている数値は,実務者にどこまで理解されているか。なぜその数値なのかを知ることは,建物をつくるうえで大いに役に立つ。定められた背景や経緯が「そうだったのか!」と知る,全3巻・413題の「何でなの」。

価格(税込) 1,944 円 詳しくはこちら

個数:
規基準の数値は「何でなの」を探る 2

規基準の数値は「何でなの」を探る 2

寺本隆幸+大越俊男+和田章 監修

法や指針などで定められている数値は,実務者にどこまで理解されているか。なぜその数値なのかを知ることは,建物をつくるうえで大いに役に立つ。定められた背景や経緯が「そうだったのか!」と知る,全3巻・413題の「何でなの」。

価格(税込) 1,944 円 詳しくはこちら

個数:
規基準の数値は「何でなの」を探る 1

規基準の数値は「何でなの」を探る 1

寺本隆幸+大越俊男+和田章 監修

法や指針などで定められている数値は,実務者にどこまで理解されているか。なぜその数値なのかを知ることは,建物をつくるうえで大いに役に立つ。定められた背景や経緯が「そうだったのか!」と知る,全3巻・413題の「何でなの」。

価格(税込) 1,944 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2014年11月号 CPD2単位

月刊建築技術 2014年11月号 CPD2単位

【特集】すぐ役立つ耐震改修の実用知識
監修:勅使川原正臣
構造設計者に求められる役割,耐震改修の法律関係,耐震診断に必要な基本知識,耐震改修で困ったときのQ&A,実例から学ぶ耐震改修の進め方,図面のない建物の耐震改修を取り上げる。

【architectural design】
多摩大学25周年記念 T-Studio│東畑建築事務所
荒川材木店道作工場事務所│檜山延雄+まちづくり工房

価格(税込) 1,900 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2015年5月号 CPD2単位

月刊建築技術 2015年5月号 CPD2単位

【特集】中大規模木造建築物を建てるための木質系材料Q&A・決定版
監修:大橋好光
中大規模木造建築物の設計に必要な「木質系材料」に関する事項を五つのカテゴリーに分け,わかりやすく解説する。「基本知識」と「木材系材料のここが知りたいQ&A」の2本立てで解説する。

【architectural design】
MAIN STAGE The Base│久武正明建築設計事務所

価格(税込) 1,900 円 詳しくはこちら

個数:
渡り腮構法の住宅のつくり方

渡り腮構法の住宅のつくり方

丹呉明恭・山辺豊彦 著

本書は,筆者と大工により15年間の蓄積を経て辿り着いた,木造軸組住宅の最適な構法である「渡り腮構法」による住宅のつくり方を解説する。

価格(税込) 4,536 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2017年2月号  CPD2単位

月刊建築技術 2017年2月号  CPD2単位

【特集】CLT関連告示と構造設計への活用法
監修:安村基
本特集では,実務設計に役立つCLT関告示を解説するとともに,構造設計方法,CLTを混構造で使用する場合や意匠性を考慮した設計法の解説,加えてCLTの今後の展望や国の施策を示す。

【architectural design】
都立練馬工業高等学校│日本設計

価格(税込) 1,900 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2011年10月号 CPD2単位

月刊建築技術 2011年10月号 CPD2単位

【特集】東日本大震災における建築物の被害報告 Part2
監修:塩原 等
東日本大震災による被害報告の続編。東北の関東までの建築物被害を報告する。長周期地震動などの報告,非構造部材の被害報告や,各建築団体の代表者による座談会を通して,今後の建築に突きつけられた問題を考察する。

【architectural design】
東京工業大学附属図書館│安田幸一研究室+佐藤総合計画

価格(税込) 1,903 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2011年9月号 CPD2単位

月刊建築技術 2011年9月号 CPD2単位

【特集】東日本大震災における建築物の被害報告 Part1 東北
監修:田中礼治+源栄正人
東北地方太平洋沖地震の被害をまとめる。東北地方を中心に,建物被害の概要,地震動特性,RC造・鋼構造・木造の建物被害,津波被害など多岐にわたる被害報告を行う。

【architectural design】
金沢海みらい図書館│シーラカンスK&H
高松丸亀町商店街アーケード│福川裕一,ほか

価格(税込) 1,903 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2017年12月号 CPD2単位

月刊建築技術 2017年12月号 CPD2単位

【特集】今知りたい長周期地震動の基本と対処法
監修:北村春幸
長周期地震動の基礎的な知識・理論を純粋地盤工学と建築工学の両方の立場から解説するとともに,実際に設計を行う際の問題点と対処法を解説する。

【architectural design】
みなと交流センター│原広司+アトリエ・ファイ建築研究所

価格(税込) 1,900 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2017年11月号 CPD2単位

月刊建築技術 2017年11月号 CPD2単位

【特集】木造とRC造・S造の違いと混構造の可能性を探る
監修:腰原幹雄
構造設計者にRC造,S造と木造を比較しながら,木造独特の問題点を意識したうえで,木材を用いた混構造建築の実現を目指してもらうことを意識した特集としている。

【architectural design】
ISUZU PLAZA・PLAZA annex│坂倉建築研究所

価格(税込) 1,900 円 詳しくはこちら

個数:
月刊建築技術 2012年11月号 CPD2単位

月刊建築技術 2012年11月号 CPD2単位

【特集】鉄骨造の接合部を設計する
監修:竹内 徹
鉄骨造の初心者から熟達者までを対象に,構造設計者の実力が顕著に現れる鉄骨造の接合部設計について,「納まりのよい」接合部の設計を解説する。

【architectural design】
日本体育大学 東京・世田谷キャンパス│久米設計

価格(税込) 1,903 円 詳しくはこちら

月刊建築技術 2014年5月号 CPD2単位

月刊建築技術 2014年5月号 CPD2単位

【特集】中大規模木造建築物の建築設計を実務から学ぶ
監修:大橋好光
普段S造やRC造の設計に携わる実務者に向け,中大規模木造の設計において実務に役立つ具体的な手法を解説する。

【architectural design】
和水町立三加和小中学校│野沢正光建築工房+一宇一級建築士事務所+UL設計室+東大森裕子時空間設計室

価格(税込) 1,900 円 詳しくはこちら

個数:

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ