月刊建築技術

月刊建築技術 2018年8月号 CPD2単位

商品コード: 201808
【特集】JASS 6改定ポイントと鋼構造設計の留意点
監修:田中 剛
10年ぶりに「建築工事標準仕様書 JASS 6 鉄骨工事」が改定された。本特集では,構造設計者や施工実務者にJASS6改定のポイントと,鋼構造設計の実務に役立つポイントを解説する。

Ⅰ.JASS 6鉄骨工事関連図書の役割と改定の主旨│田中 剛……70
Ⅱ.JASS 6の改定ポイント
1節 総則│田中 剛……73
2節 品質マネジメント│山田丈富……75
3節 材料│嶋 徹+松本由香……76
4節 工作│嶋 徹……80
5節 溶接│松本由香……84
6節 高力ボルト接合│桑原 進……86
7節 ボルト接合│森岡研三……88
8節 塗装│犬伏 昭……90
9節 溶融亜鉛めっき工法│山田丈富……92
10節 検査│松下眞治+加賀美安男+上平綱昭……94
11節 発送│嶋 徹……100
12節 工事現場施工│嶋 徹……100
13節 耐火被覆│犬伏 昭……102
14節 特記仕様書項目│田中 剛……104
付則5 完全溶込み溶接・部分溶込み溶接の開先標準,付則8 完全溶込み溶接に用いる開先の承認試験│松本由香……106
付則6 鉄骨精度検査基準│森岡研三……108
付則7 寸法精度受入検査基準│加賀美安男……110
Ⅲ.JASS 6改定による構造設計での留意点
用語の統一│桑原 進……112
薬剤発せいにおける管理のポイント│嶋 徹……113
レーザ孔あけの注意点│嶋 徹……114
F14T級超高力ボルトの使用について│桑原 進……116
溶融亜鉛めっき工法におけるりん酸塩処理│山田丈富……118
鉄骨精度測定における管理許容差と限界許容差の考え方の違い│加賀美安男……119
JASS 6鉄骨精度検査基準と建築基準法告示との不整合について│田中 剛……120
溶融亜鉛めっき工法の溶接におけるすき間対策│山田丈富……121
梁段違い形式柱梁接合部の留意点│犬伏 昭……122
Ⅳ.JASS 6改定による監管理での役割と留意点
監理の留意点│加賀美安男……124
管理の留意点│犬伏 昭……128
Ⅴ.JASS 6改定で知りたいQ&A
耐火被覆について(公共建築工事標準仕様書)│犬伏 昭……132
塗装について(公共建築工事標準仕様書)│犬伏 昭……133
孔の径・間隔・縁端距離など│嶋 徹……134
母材より低い強度の裏当て金を採用する際の注意点│山田丈富……135
超高力ボルトの耐遅れ破壊性能について│桑原 進……136
先組みビルトH梁のスカラップ加工における注意点│田中 剛……138
溶接ロボットによる25°開先溶接│松本由香……139
柱梁工事現場溶接接合部における梁端ディテール│松本由香……140
50°開先のサブマージアーク溶接による溶接組立H形鋼について│森岡研三……142
円形鋼管のUTおよび小径への対応│上平綱昭……144
溶接ロボットの扱い│山田丈富……146

【architectural design】
武蔵野の森総合スポーツプラザ│日本設計……16
風景となる施設群│竹林正彦……30
環境と融合するサスティナブルな施設づくり│小池聡子……31
武蔵野の森総合スポーツプラザのBIM活用│杉浦良和……34
武蔵野の森総合スポーツプラザの構造計画│西川大介+杉浦良和……35
メインアリーナ棟の施工計画│浦邉雅章……40
サブアリーナ・プール棟の施工計画│八隅竹水……43

【連載】
鉄骨置屋根構造体育館の耐震診断法と避難所としての適応性―2016年熊本地震 第8回 RCとSの接合部に免震,制振などを用いる効果について──1│船木尚己+藤田智己+小野瀬順一+田中礼治……46
SABTEC機械式定着工法 RC構造設計指針・RCS混合構造設計指針(2017年) 第4回 露出柱脚編3章〜5章の概要│益尾 潔……52
新時代を拓く最新施工技術 第106回 下弦ケーブルをUターンさせた車輪型張弦梁屋根の設計と施工│菅波哲也+森本順子+吉原 正+中村 悠+大西弘亮+皿海康行+安富彩子……148
建設現場の生産性向上に向けて 日建連建築本部施工部会の活動 第8回 生産性指標(KPI:Key Performance Indicator)―ひとつの提案│堀江邦彦……156
建築関連最新判例の解説 第56回 建設業界・設計業界における契約書のIT化推進のための法的アプローチ│秋野卓生……162
建築古今東西 第13回 「日本の住宅」の工夫│栗原潤一……166
施工者に幸あれ 第80回 波乱万丈の工学博士 佐久間順三│朝倉幸子……174
一言居士 AIの建築構造分野の適用について│森田高市……159
読者コーナーQ&A 鉄骨階段における固定とルーズ支承部│齋藤孝之……160
ザ・ブックス 脱住宅「小さな経済圏」を設計する│山本理顕+仲 俊治 著,木下庸子 評……164

【TECHNICAL View】
スリム耐火ウッド柱が2時間耐火認定を取得……58
大スパン・高荷重に対応する合成スラブを開発……59
細い部材でも不快な振動が発生しない制振階段……61
VRFBを採用 蓄電システムを開発……63
AIロボットを活用 住宅施工現場にロボット技術を導入……64
独自の混合セメントによる低炭素型のコンクリート……65
ひび割れを抑制する高流動コンクリートの開発……66
居室の梁型半減し開放感ある居室空間を実現……67

【MACRO & MICRO】
Column 日本が誇れる伝統美,その技術継承 普請文化フォーラム2018│佐々木 健……172
Column 思考と体験を同時に明示することで見えてくるあたらしい風景│米谷早苗……173

【BRI news & topics】
国土技術政策総合研究所における最近の話題……176

【BUIL TECH】
もりだくさんのホットな製品情報……178
販売価格(税込) 1,900 円
 
個  数

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

オススメ商品

月刊建築技術 2017年4月号  CPD2単位

月刊建築技術 2017年4月号  CPD2単位

価格(税込) 1,900 円

【特集】うっかり間違える鉄骨構造設計の落とし穴 Part2
監修:宮里直也
鉄骨造の設計方法に手を加えていく段階で必要な知識や,構造設計時に判断に迷いやすい事例について,具体的な設計方法や判断に必要となる基礎知識について解説。

【architectural design】
岐南町新庁舎・中央公民館・保健相談センター│kw+hgアーキテクツ

月刊建築技術 2015年11月号  CPD2単位

月刊建築技術 2015年11月号  CPD2単位

価格(税込) 1,900 円

【特集】うっかり間違える鉄骨構造設計の落とし穴
監修:宮里直也
鉄骨構造の設計実務においては,設計・監理の際に知っておくべき基本を見落としがちである。構造設計者を対象に,鉄骨構造の設計や監理の基本的留意事項,各部の設計および検査時のポイント,特殊な事例に見る上手な納め方や材料の適用などを解説する。

【architectual design】
喜多方市新本庁舎│古谷誠章+NASCA

月刊建築技術 2012年11月号 CPD2単位

月刊建築技術 2012年11月号 CPD2単位

価格(税込) 1,903 円

【特集】鉄骨造の接合部を設計する
監修:竹内 徹
鉄骨造の初心者から熟達者までを対象に,構造設計者の実力が顕著に現れる鉄骨造の接合部設計について,「納まりのよい」接合部の設計を解説する。

【architectural design】
日本体育大学 東京・世田谷キャンパス│久米設計

月刊建築技術 2008年9月号

月刊建築技術 2008年9月号

価格(税込) 1,903 円

【特集】見落としを防ぐ鉄骨工事監・管理帖
監修:田中淳夫
鉄骨工事の際に,設計者・施工者が見落としてはならない事柄を,基本・法改正・工場製作・現場施工・内外装・音・結露にわたる50トピックについて解説を行う。

【architectural design】
代々木ゼミナール本部校 代ゼミタワー OBELISK│大成建設一級建築士事務所

月刊建築技術 2006年5月号

月刊建築技術 2006年5月号

価格(税込) 1,903 円

【特集】溶接を極める鉄人の技
監修:青木博文
設計者,施工者が,溶接技能者と対話するときに知っておくべきことを,溶接に関する用語をもとに基本原理からわかりやすく解説する。

【architectural design】
AKSビル,神谷町サンケイビル│竹中工務店
澁谷山東福寺涅槃堂│三浦慎建築設計室

規基準の数値は「何でなの」を探る 2

規基準の数値は「何でなの」を探る 2

価格(税込) 1,944 円

寺本隆幸+大越俊男+和田章 監修

法や指針などで定められている数値は,実務者にどこまで理解されているか。なぜその数値なのかを知ることは,建物をつくるうえで大いに役に立つ。定められた背景や経緯が「そうだったのか!」と知る,全3巻・413題の「何でなの」。

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ