月刊建築技術

月刊建築技術 2017年9月号 CPD2単位

商品コード: 201709
【特集】
鉄筋継手の基本と実務を知る
監修:和泉信之(千葉大学大学院教授)

鉄筋継手について,継手ごとの特徴や検査方法,品質を確保するための資格や認定制度を解説し,今年改訂される鉄筋継手工事標準仕様書についても改訂の主旨,継手ごとの工事の要点をまとめる。設計・施工の実務者が鉄筋継手について何を知っておかなくてはいけないかなど,Q&A形式で具体的に解説する。

Ⅰ.鉄筋継手のいま│和泉信之……76
Ⅱ.鉄筋継手の基本を知る
鉄筋継手の基本│矢部喜堂……78
重ね継手│西村康志郎……82
ガス圧接継手│杉山 央……88
溶接継手│中込忠男……94
機械式継手│丸田 誠……98
Ⅲ.鉄筋継手の品質確保の最前線
鉄筋継手に関する資格と認定制度│前澤澄夫……102
A級鉄筋継手性能評価基準│福島順一……106
溶接継手の一般化工法│倉持 貢……108
超音波探傷検査│倉持 貢……110
Ⅳ.鉄筋継手の仕様書の要点
JISの制定 鉄筋の継手に関する品質要求事項│前澤澄夫……112
鉄筋継手工事標準仕様書の改訂主旨│前澤澄夫……114
鉄筋継手工事標準仕様書 ガス圧接継手工事の要点│中澤春生……116
鉄筋継手工事標準仕様書 溶接継手工事の要点│成原弘之……122
鉄筋継手工事標準仕様書 機械式継手工事の要点│笹谷輝勝……128
Ⅴ.鉄筋継手の設計・施工Q&A
[発注者が知りたい鉄筋継手Q&A]
Q.01 発注者にとって鉄筋継手のリスクは何か│鴇田 隆……134
Q.02 発注の際にチェックすべきポイントは何か│鴇田 隆……135
[設計者が知りたい鉄筋継手Q&A]
Q.03 鉄筋継手の特記仕様書はあるか(特記仕様書の作成ポイント)―協会の特記仕様書の概要│内海 博……136
Q.04 鉄筋継手の設計監理のポイントは何か│木村正人……138
Q.05 A級とA級以外の鉄筋継手は何が違うのか│福島順一……140
Q.06 鉄筋継手の工法認定と会社認定は何が違うのか│矢部喜堂……142
[施工者が知りたい鉄筋継手Q&A]
Q.07 機械式継手は検査が必要か(誰が行う検査なのか)│笹谷輝勝……143
Q.08 SD490の鉄筋はガス圧接できるのか│宮口茂樹……144
Q.09 鉄筋端面の切断はどのようにしたらよいのか│犬伏 昭……146
Q.10 圧接継手部の試験として,超音波探傷検査なのか引張試験なのか│岩渕貴之……148
Q.11 溶接継手のチェックポイントは何か│三村麻里……150
Q.12 A級継手の溶接施工を行う場合,会社認定は必要か│矢部喜堂……152
Q.13 自主検査があれば,受入検査は不要か│藤田英二……154
Ⅵ.鉄筋継手の今後│前澤澄夫……156

【architectural design】
津田塾大学千駄ヶ谷キャンパス アリス・メイベル・ベーコン記念館│槇総合計画事務所……20
津田塾大学千駄ヶ谷キャンパス アリス・メイベル・ベーコン記念館│長谷川龍友……28
均質で繊細な構造│川村 浩+永山憲二……40
津田塾大学千駄ヶ谷キャンパスの施工―安全性,生産性を高めるために│青木 勝……44

【特別記事】
TACoil登場のインパクト│山本俊輔……46

【連載】
古建築で学ぶ建築技術考 第6回 裳階 法界寺阿弥陀堂│勝又英明……48
再生可能エネルギーの着実な普及に向けて 第7回 バイオマス発電 ドイツのシュタットヴェルゲの概要と日本への展開│小川貴裕……52
新時代を拓く最新施工技術 第95回 木構造軸組工法による学校施設の施工│小原澤義久……56
建築関連最新判例の解説 第45回 マンションの外壁タイルに剥離・剥落が発生した場合,資産価値低下分の損害賠償をしなければならないか│秋野卓生……160
建築古今東西 第2回 ラオスで考えたこと│蟹澤宏剛……166
施工者に幸あれ 第69回 ワークバランスを大切に 構造家・朝川剛│朝倉幸子……174
一言居士 壁にタイルを接着剤で張り付ける│本橋健司……159
読者コーナーQ&A 逆せん断力が生じる場合の剛性率と偏心率│大越俊男……162
ザ・ブックス 近現代建築史論 ゼムパーの被覆/様式からの考察│川向正人 著,菊池 誠 評……164

【TECHNICAL View】
建築物のCO2排出量の削減とZEB実現に向けた技術の検証開始……64
環境共生建築設計用熱負荷シミュレーションシステム……65
水素・エチレン混合ガスによるA級鉄筋継手新工法……67
環境負荷と作業負荷を低減する天然ガス圧接継手……69
コンクリートのこわばりを低減する混和剤……71
BIMを活用した建物管理 簡単操作で管理品質向上……72
建築基礎―高支持力先端拡大根固め杭工法……73

【MACRO & MICRO】
Column 西山夘三の残したものたち│鈴木 毅……172
Column コンクリート圧送業界による元請施工管理者向け講習会│北口延郎……173

【BRI news & topics】
建築研究所で公表した研究成果資料概要 平成29年度「科学技術週間」施設一般公開……176

【BUIL TECH】
もりだくさんのホットな製品情報……180

【表紙】
津田塾大学千駄ヶ谷キャンパス アリス・メイベル・ベーコン記念館
設計:槇総合計画事務所
撮影:大野 繁
デザイン:箕浦卓(M's SPACE)

通巻812号
発売日 2017年8月17日
判型・頁 B5判・186頁
雑誌コード 03325-9
価格 1,759円+税

【次号予告】
建築技術2017年10月号(9月16日発売)
特集:困ったときに役立つ耐震補強の手引き
監修:勅使川原正臣(名古屋大学大学院教授)
東日本大震災や熊本地震を受け,建築物の耐震性に対する関心が高まっている一方で,既存建物の耐震補強が進んでいない。本特集では,耐震補強に関する行政の取組みや研究者の立場から,今後の耐震補強をどのように進めていくべきかという点を解説する。加えて,実際に耐震補強設計や補強工事を行う建築技術者が実務上で困っている点を取り上げ,対処法を解説するとともに,耐震補強事例を通して,構造設計や施工のポイントを紹介する。

●architectural design
大西学園,宇都宮短期大学附属中学校・高等学校第3体育館/竹中工務店

●9月号広告掲載のご案内
http://www.k-gijutsu.cp.jp/user_data/annai.php

※建築技術特集「鉄筋継手の基本と実務を知る」は,公益社団法人日本建築士会連合会および一般社団法人建設業振興基金の継続職能開発(CPD)の自習型研修プログラムです。単位の取得を希望される方は,CPD情報システムにアクセスして本誌の設問に解答してください。
販売価格(税込) 1,900 円
 
個  数

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

オススメ商品

月刊建築技術 2017年3月号  CPD2単位

月刊建築技術 2017年3月号  CPD2単位

価格(税込) 1,900 円

【特集】
RC工事の合理化施工の心得――創ることは考えること
監修:大塚秀三+中田善久
本特集では,RC工事の合理化施工の手法を整理し,今後のさらなる施工の進化のための汎用的な手法を中心にその手掛かりを示す。

【architectural design】
五條市上野公園総合体育館(シダーアリーナ)/たかの建築事務所+計画・環境建築
代々木テラス/フジワラテッペイアーキテクツラボ

月刊建築技術 2016年11月号 CPD2単位

月刊建築技術 2016年11月号 CPD2単位

価格(税込) 1,900 円

特集:RC構造保有水平耐力計算規準を実務設計に活用する
監修:和泉信之
本特集では、日本建築学会が刊行した「鉄筋コンクリート構造保有水平耐力計算規準(案)・同解説」の要点を解説し、構造設計者が規準案を実務設計で活用するための考え方や工夫を紹介する。

【architectural design】
ふみの森もてぎ/内田文雄&龍環境計画

月刊建築技術 2016年4月号

月刊建築技術 2016年4月号

価格(税込) 1,900 円

特集:鉄筋工事のミスをなくす技術+配筋を納めるための肝所
監修:大塚秀三+中田善久

本特集では、仕様書に準拠した鉄筋工事の基本に加え、図面上の納まりと施工現場での実際の納まりのズレに対する技術的な現場対処法、仕様書にない事柄に対する施工側の技術的対処法を解説する。

architectural design:敦賀駅交流施設 オルパーク&敦賀駅前広場 キャノピー

月刊建築技術 2014年3月号 CPD2単位

月刊建築技術 2014年3月号 CPD2単位

価格(税込) 1,903 円

特集:RC工事の「検査力」養成講座
監修:浦江真人+大湾朝康(協力)

問題となる箇所や問題が発生する箇所などを予知(見)して、施工の各段階で不都合な個所を見つけ出すスキル、さらに問題点への対処までを含めた能力を「検査力」という。監理設計者、構造設計者、施工技術者の検査力が向上し、より精度の高いRC建築物を構築するために役立つことを期待し編纂。

月刊建築技術 2013年11月号

月刊建築技術 2013年11月号

価格(税込) 1,903 円

【特集】構造体コンクリートのひび割れは低減できているのか
監修:中田善久

コンクリートのひび割れは起きるのが当たりまえで、度合いにより鉄筋に錆が発生すれば問題となる見解と、ひび割れそのものが問題だとする見解ががあり開きは著しい。特集ではコンクリートのひび割れについて、発注者にひび割れに関する正確な情報を提供し、設計者、施工者にひび割れを低減する対策を提供する。

月刊建築技術 2012年10月号

月刊建築技術 2012年10月号

価格(税込) 1,903 円

特集 こんなときどうする「コンクリート工事」の現場力
監修 中田善久(日本大学理工学部建築学科教授)
 コンクリート工事の最も原則的なこと,基本的なことである。それらが一つでも不足していれば,所定の品質を確保できないことにつながる。本特集から知識を蓄え,そして現場での実践・体験を通して解説する。

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ