書籍

佐久間順三流SUISUIわかる 木造住宅の耐震診断│耐震補強設計│補強工事の勘所

  • NEW
商品コード: 156
商品コード:156
『木造住宅の耐震診断と耐震補強』を基本に,耐震診断と耐震補強をするための手引書です。実際に診断や補強業務をする場合に,必要な手続きの進め方,現地調査や補強工事について,筆者の微に入り細にわたるノウハウが盛り込まれています。安全な耐震補強の住宅づくりに活用していただきたい手引書。

第1章 基礎知識
地震と木造建物
耐震診断とは
耐震診断の種類
耐震補強設計とは
耐震補強工事とは
耐震補強のメリット(人命保護・費用対効果)
地震の種類と耐震補強
第2章 耐震診断
耐震診断の流れ
1:事前打合せ
耐震診断業務の説明
ヒアリングのポイント
施主に用意を依頼する資料①
施主に用意を依頼する資料②
2:業務契約
必ず契約書を作成する
3:事前準備
図面を作成する
点検口の確認も忘れずに
調査道具の準備①
調査道具の準備②
調査道具の準備③
4:現況調査
調査の流れ
間取り調査
柱と床の傾斜測定
劣化調査
内外観調査
コンクリート強度調査
鉄筋探査
1階天井裏部材調査
小屋裏部材調査
床下部材調査
筋かい調査
シロアリ被害
5:調査結果概要速報
調査の報告と追加ヒアリング
6:耐震診断報告書作成
報告書作成の流れ,表紙
平面図の作成
部材調査結果
外観・内観写真
内部部材写真
調査風景写真
柱傾斜測定結果
コンクリート強度調査,劣化調査
考察,耐震診断計算の流れ
建物概要チェックリスト
建物仕様の決め方
床面積の取り方と建物荷重
壁の入力
入力用平面図
配置低減,劣化低減
上部構造評点の計算
7:耐震診断の報告
報告書の概要と注意点
耐震補強案の提示
概算工事費の提示,耐震診断料の受領,業務完了
第3章 耐震補強設計
耐震補強設計の流れ
1:業務内容の説明
2:補強内容の打合せ
3:補強工事の内容
4:目標評点の検討
5:補強計画
補強壁の設置方針
水平構面補強,基礎補強,工事費削減の工夫
6:補強設計図の作成
補強前平面図
補強後平面図
補強軸組図
補強軸組図,詳細図
柱頭柱脚金物図
7:補強計算
診断プログラムの入力
各階の床面積を考慮した必要耐力の算出
偏心率とは
偏心率計算の流れ
偏心率計算例①
偏心率計算例②
8:補強箇所の再確認
9:補強設計業務の完了
第4章 耐震補強工事
耐震補強工事の流れ
1:業務内容の説明
2:見積書の提出
3:工事請負契約
4:工程の打合せ
5:補強工事
壁の補強
基礎の補強
水平構面と軸組の補強
劣化部分の補修
施工の管理と記録
6:工事の変更→業務完了
第5章 優遇策
補助金申請
補助金・優遇制度
第6章 事例
1:耐震診断報告書
報告書の表紙
報告書の目次
平面図
部材調査結果
調査現況写真①
調査現況写真②
調査現況写真③
柱の傾斜
柱傾斜図
コンクリート強度の推定
劣化調査シート
考察
一般診断法による耐震診断結果
建物概要
壁配置図
低減係数,上部構造評点,総合評価
補強案,概算工事費①
補強案,概算工事費②
2:補強設計報告書
報告書の表紙
補強前平面図
補強後平面図
補強軸組図①
補強軸組図②
補強軸組図・柱頭柱脚金物図
一般診断法による耐震補強計算結果
建物概要
壁配置図
低減係数・上部構造評点,総合評価
第7章 付録
1981~2000年建物の耐震診断
新耐震基準でも注意が必要
新耐震基準建物の評点の試算と耐震検証法
常時微動測定による補強効果の確認
販売価格(税込) 4,104 円
 
関連カテゴリ:

書籍

構造

木造

耐震補強

施工

設計

個  数

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ