月刊建築技術

月刊建築技術 2017年4月号  CPD2単位

商品コード: 201704
建築技術2017年4月号
特集:うっかり間違える鉄骨構造設計の落とし穴 Part2
監修:宮里直也(日本大学理工学部准教授)

鉄骨構造設計における架構全体の構造性能や安全性には,建物ごとの個別具体的な条件を考慮した見当が必要である。本特集では,標準化された設計方法に手を加えていく段階で必要な知識や,構造設計時に判断に迷いやすい事例について,具体的な設計方法や判断に必要となる基礎知識について解説する。

Ⅰ.鉄骨構造設計の落とし穴│宮里直也……72
Ⅱ.構造計画での落とし穴
 部材の選定,鋼材の選定の基本的な考え方と注意点│藤田哲也……74
 部材継手の考え方の基本と注意点│松本修一……78
 メガストラクチャーの構造計画と設計・施工の注意点│藤山淳司……80
Ⅲ.鉄骨構造設計上の落とし穴
 [各種部材の設計および施工に関する注意点]
 曲げを受ける板材の設計と注意点│竹内篤史……82
 合成梁の設計と施工に関する注意点│森山卓也……84
 事務所用途としてのロングスパン梁の設計│新田隆雄+調 浩朗……86
 温度応力に対する設計と注意点│萱嶋 誠……88
 CFT柱のディテール設計と施工上の注意点│菅野光寿……90
 水平ブレースの設計と注意点│佐々木直幸……92
 K型ブレースの設計│山我信秀……94
 制振部材の設計│秦 一平……96
 [変形・座屈・ねじれに関する注意点]
 重量の大きい外装材が偏心して取り付く梁の設計と注意点│鈴木裕美……98
 片持ちスラブや外装材が取り付く場合の設計と注意点│長島英介……100
 片持ち梁先端に外装材が取り付く場合の設計と注意点│長田宗平……102
 外壁側の吹抜に面する梁の設計│遠藤和明+近藤潤一……104
 片持ち梁の固定端モーメントの取扱い│佐々木直幸……106
 部材端部の境界条件の設定と実際の挙動│吉田崇秀……108
 梁の横補剛材の設計と注意点│後関孝啓+間室健一……110
 [接合部の設計に関する注意点]
 梁せいの異なる柱梁仕口部の設計上の注意点と工夫│小岩和彦……112
 ブレースが取り付く柱梁接合部の設計上の注意点と工夫│吉原 正……114
 複数の部材が集まる接合部の設計上の注意点と工夫│岸本直也……116
 スカラップの基本と設計上の課題│山口貴之+小野潤一郎……118
 柱脚の設計と施工上の注意点,ブレースが取り付く柱脚部の設計│永田 敦……120
 RC造との接合部に関する設計と注意点│安岡千尋……124
 [各種仕様および二次部材等に関する注意点]
 溶融亜鉛めっき部材の設計と注意点│内田 衞+小野潤一郎……127
 耐火被覆・耐火塗装・錆止め塗装などの鉄骨仕上げに関する注意点│大山翔也+小野潤一郎……130
 外部露出部材の設計上の注意点│平井健一+小野潤一郎……132
 非構造部材の注意点│猪飼富雄……134
 [鉄骨構造建物の床振動・騒音に関する注意点]
 鉄骨建物の居住性と床振動│冨田隆太……138
 床振動を考慮した設計の考え方と課題│増田圭司……142
 鉄骨建物の重量床衝撃音│河原塚 透……146
Ⅳ.施工計画や製作・施工に対する配慮
 鉄骨の構造図と製作図に関する注意点│松岡祐一……148
 工場での組立手順と溶接方法│藤田哲也……150
 施工精度の考え方と設計上の配慮│犬伏 昭+神谷綾耶……154
 大スパン架構の施工上の課題と対策│松岡祐一……157
Ⅴ.法律によりどころがない場合の設計上の注意点
 JASS 6と告示の相違とその取扱い│中込忠男……160
 孔あけサイズの考え方と注意点,ルーズホールの取扱い│佐野 正……162

※公益社団法人日本建築士会連合会・一般財団法人建設業振興基金のCPD単位取得について……178

【architectural design】
岐南町新庁舎・中央公民館・保健相談センター│kw+hgアーキテクツ……16
アーキテクチャー/パワー 建築が公共性をつくる│川原田康子+比嘉武彦……26
地方公共団体における庁舎コンペのありかた│小森雄一郎……35
免震建築の庁舎を平屋の低層棟が取り込む│梅沢良三……38
3DCADを活用したRC構造曲面屋根の施工│原 隆一+村上光邦……42

【特別記事】
建築物の改修と保存の意義 残されるべき建築物を設計せよ│岡田恒男 聞き手:松隈 洋……44
ヒルティ防火防臭措置工法 耐震性・ガス遮断性・遮煙性│宋 昌錫+大和征良……58

【連載】
古建築で学ぶ建築技術考 第1回 軒先と雨仕舞 醍醐寺五重塔│勝又英明……48
SABTEC高強度せん断補強筋 設計施工指針(2016年) 第2回 損傷短期許容せん断力│益尾 潔……52
再生可能エネルギーの着実な普及に向けて 第2回 再生可能エネルギーの現状と課題│荻本和彦……164
新時代を拓く最新施工技術 第90回 免震接合部と杭頭接合部の省人化施工新技術 鉄骨部材の効率的活用│前川元伸+福本晃治……168
建築関連最新判例の解説 第40回 コンプライアンスの一環として「公共建築物等木材利用促進法」を遵守する│秋野卓生……180
建築の喜怒哀楽 第21回 「モダニズム建築の脆弱さ」ヤブニラミ批判(後編)│小畑清治……184
施工者に幸あれ 第64回 Arupの熱い構造家 柴田育秀│朝倉幸子……194
一言居士 五重塔に秘められた伝統技術│服部宏治……179
ザ・ブックス ル・コルビュジエから遠く離れて│松隈洋 著,倉方俊輔 評……182

【TECHNICAL View】
意匠性の高い建物に対応する円形鋼管を用いたブレースの開発……60
杭と採熱管の同時施工でコストを削減……61
吊り機器の制震・制振補強を現場初導入……63
多様な用途に対応する新型親子フィラー……65
RC根巻き補強に替わる省スペースな鉄骨造柱脚補強工法……67
□300~600のコラム柱に適用可能なノンダイアフラム工法……69

【MACRO & MICRO】
Column 中大規模木造建築物の最新動向 木活協補助事業実施作品および木造建築設計に関する所感│萩生田秀之……190
Column ミステリアスな合理性 展覧会「つくるガウディ―実測で読み解く」に寄せて│中田琢史……191

【BRI news & topics】
国土技術政策総合研究所における最近の話題……192

【BUIL TECH】
もりだくさんのホットな製品情報……176

【表紙】
岐南町新庁舎・中央公民館・保健相談センター
設計:kw+hgアーキテクツ
撮影:大野 繁
デザイン:箕浦卓(M's SPACE)

通巻 807号
発売日 2017年3月17日
判型・頁 B5判・202頁
雑誌コード 03325-04
価格 1,759円+税

【次号予告】
建築技術2017年5月号(4月17日発売)
特集:間違いやすい戸建住宅基礎設計のポイント
監修=藤井 衛(東海大学工学部建築学科教授)
近年,集中豪雨による地滑り被害や地震による戸建住宅の基礎被害が見られ,宅地地盤や住宅基礎の安全性に対する関心が高まっている。この特集では住宅地盤の安全性の見極め方を解説しながら,地盤訴訟に占める割合が高い,不同沈下,がけ・擁壁,液状化などを取り上げ,基礎設計時で考慮すべきポイントを中心に解説する。

●architectural design
東松島市立宮野森小学校/盛総合設計・工藤和美+堀場弘/シーラカンスK&H
新豊洲Brilliaランニングスタジアム/武松幸治+E.P.A環境変換装置建築研究所

●次号5月号の広告掲載ご案内
http://www.k-gijutsu.co.jp/user_data/annai.php

※建築技術特集「うっかり間違える鉄骨構造設計の落とし穴 Part2」は,公益社団法人日本建築士会連合会および一般財団法人建設業振興基金の継続職能開発(CPD)の自習型研修プログラムです。単位の取得を希望される方は,CPD情報システムにアクセスして本誌の設問に解答してください。
販売価格(税込) 1,900 円
 
関連カテゴリ:

月刊建築技術

構造

鉄骨

設計

個  数

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

オススメ商品

月刊建築技術 2015年11月号  CPD2単位

月刊建築技術 2015年11月号  CPD2単位

価格(税込) 1,900 円

特集:うっかり間違える鉄骨構造設計の落とし穴
監修:宮里直也(日本大学理工学部准教授)

合理化設計・経済設計と言われ,その先にあるコストパフォーマンスが優先される流れの中で,鉄骨構造の設計実務においては,設計・監理の際に知っておくべき基本を見落としがちである。構造設計者を対象に,鉄骨構造の設計や監理の基本的留意事項,各部の設計および検査時のポイント,特殊な事例に見る上手な納め方や材料の適用などを解説する。

月刊建築技術 2012年11月号

月刊建築技術 2012年11月号

価格(税込) 1,903 円

特集:鉄骨造の接合部を設計する
監修:竹内 徹(東京工業大学教授)

鉄骨造の初心者から熟達者までを対象に,構造設計者の実力が顕著に現れる鉄骨造の接合部設計について,「納まりのよい」接合部の設計について解説する。





月刊建築技術 2008年9月号

月刊建築技術 2008年9月号

価格(税込) 1,903 円

特集:見落としを防ぐ鉄骨工事監・管理帖
監修:田中淳夫

鉄骨工事の際に,設計者・施工者が見落としてはならない事柄を,基本・法改正・工場製作・現場施工・内外装・音・結露にわたる50トピックについて解説を行う。

建築構造用語事典

建築構造用語事典

価格(税込) 3,456 円

(社)日本建築構造技術者協会関西支部建築構造用語事典編集委員会 編著

本書は,よく使われる建築キーワードを108選び,一つの用語を3人のベテラン実務者が,50音順に解説するユニークな建築用語事典です。難しい数式を使わず,やさしい内容で専門用語を解説しています。初学者から実務者まで,幅広い読者待望の事典です。

規基準の数値は「何でなの」を探る 2

規基準の数値は「何でなの」を探る 2

価格(税込) 1,944 円

監修:寺本隆幸,大越俊男,和田章

建築基準法,同施行令,告示,指針類の規基準には数多くの数字(数値)が明記されている。その数値がなぜ導き出されたのか。その数値が示唆する意味を知ることはよりよい建築物を構築するために役立つ。

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ