月刊建築技術

月刊建築技術 2016年4月号

商品コード: 201604
No.795
2016 April

価格 \1,759+税

【特集】
鉄筋工事のミスをなくす技術+配筋を納めるための肝所
監修:大塚秀三+中田善久

発注者側から過度な要求を受けた場合、施工者はどのように対処すればよいのだろうか。本特集では、仕様書に準拠した鉄筋工事の基本に加え、図面上の納まりと施工現場での実際の納まりのズレに対する技術的な現場対処法、仕様書にない事柄に対する施工側の技術的対処法を解説する。また、JASS5改定の概要、鉄筋に関する事項の詳細な解説と座談会を通して、現在鉄筋工事が置かれている現状を語る。

Ⅰ.調整改善の肝所こそが施工管理の本質│中田善久…88
Ⅱ.座談会“できないからだめ”は許さない│細川洋治+新妻尚祐+大塚秀三+中田善久…91
Ⅲ.配筋を納めるための肝所
鉄筋工事の課題│大塚秀三…102
施工計画の肝所
 建設会社のやるべき肝所│金崎俊造…104
 鉄筋専門工事業者のやるべき肝所│新妻尚祐…108
 納めるための読図と各部配筋の肝所
 構造図│樋口 満…112
 部材リストと配筋│中川治雄…117
 配筋図│樋口 満…119
 加工図│新妻尚祐…121
 定着長さ│樋口 満…124
 かぶり厚さ│中村敏昭+濱田隆志+鈴木 香…127
 あき・間隔│手塚純一…130
 ひび割れ誘発目地の配筋│閑田徹志…132
 打増し部の配筋│網干眞一…134
 柱主筋│西尾 淳…136
 床の段差│齋藤雅則…138
 鉄筋の結束│川上雄史…140
 杭と基礎梁の接合部│中村敏昭+濱田隆志+谷上亮太…142
 S造の柱脚アンカーボルトと基礎梁の接合部│金崎俊造…144
 柱と梁の接合部│西尾 淳…146
 床と梁の接合部│中里時夫…148
 梁と壁の接合部│倉井雅之…150
ミスをなくすための教育例
 鉄筋工事のミスをなくすための教育例
 ──竹中技術実務センターにおける体験型研修の実施│古野秀二郎…152
 配筋検査の技術水準を高めるための研修施設とプログラム│加藤重信…154
Ⅳ.判断に迷う配筋の肝所
各部配筋の肝所
 桁行と梁間の取合い部ではどちらの鉄筋を上にするのか│中西規夫…156
 耐圧盤の配筋方向はどうすればよいのか│井上昌士…158
 壁筋の縦筋と横筋の内外はどのようにすればよいのか│佐藤まどか…160
 開口補強筋やスリーブ補強の仕様はどのように選定すればよいのか│中西規夫…162
 かぶり部における結束線の出はどのように考えるのか│下道 正…164
配筋方法が構造耐力に及ぼす影響│田嶋和樹…166
Ⅴ.建築基準法における中間検査│春原匡利…170
Ⅵ.JASS 5における鉄筋工事の概要│小野里憲一…176
Ⅶ.納めるための円滑な鉄筋工事│大塚秀三…180

【architectural design】
敦賀駅交流施設 オルパーク,敦賀駅前広場 キャノピー
│千葉学建築計画事務所,ジェイアール西日本コンサルタンツ…16
土木,都市計画,建築,家具,サインをシームレスにつないでつくる公共空間│千葉 学…24
使い続けられ,愛され続ける広場へ│河合 晃…36
RCボックス+鉄骨屋根および鉄骨変則格子梁+台形壁柱による構造計画│金箱温春+岡山俊介+戸田 充…38
敦賀駅交流施設オルパークの施工│今中良彦+森川 満+大村知也…42
キャノピー施工について│西村典昭…44

【連載】
木造事務庁舎の合理的な設計における留意事項
 第5回 モデル庁舎のコスト傾向│上山豊広…46
大阪府域内陸直下型地震に対する建築設計用地震動および耐震設計指針
 第13回 外装材の性能│上森 博…50
鉄骨置屋根構造の耐震診断・改修の考え方
 第5回 屋根と柱の接合部破壊実験│山下哲郎…56
海外の構造基準との比較──開発途上国を中心としたケーススタディ
 第4回 フィリピン構造基準における留意すべき事項│楢府龍雄+石山祐二+北 茂紀+佐久間順三+加藤秀弥…63
新時代を拓く最新施工技術
 第78回 耐震壁の目地深さと目地幅を抑える工法
KCJW(鹿島式ひび割れ誘発目地付き耐震壁)工法│淺岡 茂+閑田徹志…68
建築関連最新判例の解説
 第28回 建設業界のコンプライアンスを高め,不祥事を発生させないための対策
 技術者倫理教育の必要性│秋野卓生…184
建築の喜怒哀楽
 第9回 木造耐火建築物│飯山道久…190
施工者に幸あれ
 第52回 構造家・中田捷夫 綺羅星からの継承│朝倉幸子…198
一言居士
 海外体験談│佐原 守…183
ザ・ブックス
 積雪・寒冷地の建築マニュアル│大山政彦 著,竹内 泰 評者…188

【TECHNICAL View】
国内初,木造2時間耐火部材を4階建木造ビルに採用…76
施工性を向上させるRC構造物せん断補強工法…79
3時間耐火被覆システムを開発 中間層免震構造へ適用…81
メタル調の仕上がり PCa板塗装技術…82
位置把握システム 建設現場で初適用…83
情報化施工技術で建設現場生産性向上…84
エネルギー消費量80%削減 液冷空調システム…85

【MACRO & MICRO】
Column
 岸和郎の「京都」というキーワードが表すもの 現代的,かつ普遍的な日本らしさとは│澁谷亜紀子…196
 建築が広く社会に共有されるために 新しい催しに学ぶこと│松隈 洋…197

【BRI news & topics】
 国土技術政策総合研究所における平成27年度の主な調査研究について…202

【表紙】
敦賀駅交流施設 オルパーク
敦賀駅前広場 キャノピー
設計:千葉学建築計画事務所
ジェイアール西日本コンサルタンツ
撮影:大野 繁
デザイン:箕浦卓(M's SPACE)

通巻 795号
発売日 2016年3月17日
判型・頁 B5判・214頁
雑誌コード 03325-04
価格 1,759+税


【次号予告】
建築技術2016年5月号(4月16日発売)
特集:制振構造の設計ノウハウを学ぶ
監修:北村春幸(東京理科大学理工学部教授)
制震・制振技術は発注者側の目的により、新築・既存建築物など建物レベルでの制振から、データや商品など一部分を守るための技術も開発され、大地震から風揺れ対策、振動制御までさまざまなシステムが登場している。
本特集では、制振の基本知識から、実務における制振構造設計でのポイント、制振技術を適用した最新事例、中規模木造建物に使用する制振部材、制振装置のモニタリングや疲労損傷の評価などを解説する。
販売価格(税込) 1,900 円
 
関連カテゴリ:

月刊建築技術

構造

RC(SRC)

施工

個  数

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

オススメ商品

建築新配筋読本

建築新配筋読本

価格(税込) 3,888 円

建築新配筋読本 設計者と現場マンのためのわかる配筋
井上博・北小路宏 共著

月刊建築技術 2011年6月号

月刊建築技術 2011年6月号

価格(税込) 1,903 円

特集:型枠工事の基本と『温故知新』のノウハウ
監修:阿部道彦・中田善久

月刊建築技術 2010年5月号

月刊建築技術 2010年5月号

価格(税込) 1,903 円

特集:失敗しないための「鉄筋工事のノウハウ」
監修:中田善久

建築技術別冊12 円滑に進めるためのRC工事のポイント

建築技術別冊12 円滑に進めるためのRC工事のポイント

価格(税込) 1,944 円

円滑に進めるためのRC工事のポイント
監修:毛見虎雄・中田善久・藤井和俊

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ