月刊建築技術

月刊建築技術 2016年3月号

商品コード: 201603
No.794
2016 March

価格 \1,759+税

【特集】
スラスラできる中大規模木造建築物の構造設計
監修:大橋好光

法改正などを背景に、中大規模木造建築物の設計に関する動きが活発になりつつある。これまで木造戸建住宅の設計が多かった設計者で、中大規模木造の設計にも意欲的に取り組みたい設計者が増えている。それらの要求に応えるために、本特集では実践的にすぐできるような構成となっている。材料や構造架構をどのように考えて中大規模木造建築物を設計や構造設計したらよいか、燃えしろ設計などの対応ができる防耐火設計の留意点を解説する。

総論 中大規模木造の動向とその技術│大橋好光…86
Ⅰ.構造計画・設計・監理のフローと留意点│山田憲明…92
Ⅱ.構造設計Q&A
 Q.01 木質ラーメンの評価方法と評定を取得している工法は│飯島敏夫…102
 Q.02 告示にはない新しい耐震要素を使用する場合の方法│槌本敬大…103
 Q.03 木造建物の保有水平耐力計算方法は│槌本敬大…104
 Q.04 梁に設備配管を通すことは可能か│本岡淳一…105
 Q.05 鋼板を挟み込んだ梁や柱は使用可能か│本岡淳一…106
 Q.06 耐力壁に開口をあけることは可能か,その評価法は│安村 基…108
 Q.07 床の面内剛性・耐力を効果的に確保するには,どうしたらよいか│本岡淳一…109
 Q.08 床はRC造とすることは可能か│塩﨑征男…110
 Q.09 CLTを床材に使用した場合の接合方法は│三宅辰哉…111
 Q.10 既製品によらない金物や接合具を用いる場合の建築基準法の解釈と設計法は│山田憲明…112
 Q.11 中大規模木造の面材耐力壁の計算式として,「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2008年版)」の詳細設計法にある式を用いる場合の注意点は│村上雅英…113
 Q.12 既製品を上手に活用した接合方法は│村西大介…116
 Q.13 プレカット工場で対応可能な加工は│齋藤 潔+柳澤瑞穂…117
 Q.14 ドリフトピン接合の場合,ドリフトピン間隔・縁距離確保のため,部材が太くなりがちである。間隔・縁距離を小さくする方法は│安村 基…118
 Q.15 異等級構成構造用集成材の内層部分に接合金物を取り付けると,接合部の性能は低下するのか│村西大介…119
 Q.16 大断面部分を接合する既製品の接合金物のデータはあるか│村西大介…120
 Q.17 在来木造金物を中大規模木造建物の接合部に使用可能か│飯島敏夫…121
 Q.18 N釘とCN釘の性能の違いと使い分けの選択目安は│小林研治…122
 Q.19 耐力壁にビス(またはスクリューねじ)は使用可能か│小林研治…123
Ⅲ.実務にすぐ役立つ中大規模木造建築物の構造設計
 ──コストを意識した架構計画のポイント│内野吉信+北村俊夫+實成康治…124
Ⅳ.木質系材料Q&A
 Q.01 大スパンに大断面集成材の梁を架ける場合に,たわみ抑制・梁背縮減のために,梁にPCケーブルでプレストレスを加える技術は使えるか│塩屋晋一…136
 Q.02 床に木材を使用する場合,硬度と耐久性はどう考えればよいか│大木博成…137
 Q.03 フローリングの不具合(収縮・反り)を防止するにはどうしたらよいか│宇京斉一郎…139
 Q.04 製材の検査項目にはどのようなものがあるか──節,繊維走行の傾斜比│伊神裕司…140
 Q.05 製材の種類によって材積が大きくなると集成材の方が安いというが,目安はあるか│川原重明…141
 Q.06 木材に干割れがあると,強度は低下するのか│岡崎泰男…142
 Q.07 木材はなぜ,曲げ・引張・圧縮で,強度が異なるのか│長尾博文…143
Ⅴ.材料と架構
 町内産スギ大径丸太を用いた架構 南小国町役場│山田憲明+蒲池 健…144
 極小断面木材による屋根構造 レストラン・エレテギア・ダイニング│山田憲明+杉本将基…148
 スギ積層材による架構 太宰府市総合子育て支援施設│田上 誠…152
 LVLによる壁柱構造 神奈川大学国際センター│坂田涼太郎…155
 Wood.ALC工法 いわき市の復興公営住宅│高橋幸吉…158
 縦ログ+横ログ構法 つくばみらい市の老人福祉施設│芳賀沼 整…160
 国内初のCLT宿泊施設 ハウステンボス「変なホテル」2期│尾宮洋一+上野雄太…162
Ⅵ.防耐火設計の留意点──大規模木造の延焼防止│鈴木淳一+水上点晴…168
Ⅶ.防耐火Q&A
 Q.01 構造材の木部を露出して使用することは可能か│安井 昇…172
 Q.02 一般的に使える耐火仕様は│成瀬友宏…174
 Q.03 防火区画壁になりうる仕様は│成瀬友宏…175
 Q.04 耐火設計ルートで木材を現しにする設計は可能か│土屋伸一…176
 Q.05 耐火構造認定を取得する手続きは│田坂茂樹…177
 Q.06 欧米諸国と「木造」耐火の考え方の相違点は│谷 篤子+河野 守…178

【architectural design】
TOYAMAキラリ│RIA・隈研吾・三四五設計共同体…20
TOYAMAキラリ―「街のような」建物│隈 研吾…26
内装木ルーバー│荒木海威…35
外装PCカーテンウォール│齋田武亨…36
斜上する吹抜空間の構造設計│斎藤慶太…38
斜めの吹抜空間を実現するための避難安全検証│河合慎太郎…42
特徴的なPCCWと特徴的な吹抜の施工│大塚克史…44

【連載】
木造事務庁舎の合理的な設計における留意事項
 第4回 スパン別による大梁のコスト傾向│上山豊広…46
実務で活用するCFDの現状とこれから
 第15回 設計プロセスに応じた要求精度の議論と分析・評価・教育のための機能強化を期待する│持田 灯…50
大阪府域内陸直下型地震に対する建築設計用地震動および耐震設計指針
 第12回 杭基礎の設計 その2│鬼丸貞友…52
海外の構造基準との比較──開発途上国を中心としたケーススタディ
 第3回 フィリピン構造基準による設計法│楢府龍雄+石山祐二+佐久間順三+加藤秀弥…56
鉄骨置屋根構造の耐震診断・改修の考え方
 第4回 計算例2(I市総合体育館モデル)│安岡千尋+木村秀樹…60
新時代を拓く最新施工技術
 第77回 設備工事におけるフィールド計測技術│酒本晋太郎+田中幸悦+冨田裕行+脇坂英佑…66
建築関連最新判例の解説
 第27回 地盤補強工事費用は買主負担である旨,重要事項説明書に記載がなされたとしても売主に対する瑕疵担保責任の請求が認容された事例│秋野卓生…188
建築の喜怒哀楽
 第8回 大学人としての喜怒哀楽│吉田倬郎…194
施工者に幸あれ
 第51回 山辺豊彦 構造の塾長なり│朝倉幸子…202
一言居士
 温泉雑感│服部宏治…187
ザ・ブックス
 集合住宅30講│植田 実 著,松村秀一 評…192

【特別記事】
実践の研究デバイスが性能市場を動かす
 札幌・J建築システム実験棟「J-MOIWA LABO」│手塚純一…180
地方創生と木質耐火部材 COOL WOOD│安達広幸…182
中大規模木造建築物に使用できるコネクタ│大倉義邦…184

【TECHNICAL View】
特定天井にも対応可能な耐震クリップを開発…74
壁倍率2.3倍 木造用リング摩擦ダンパーを開発…77
摩擦制振ダンパーをGINZA PLACEに採用…79
RC造基礎梁開孔径制限値1/3から1/2に緩和…80
コンクリートひび割れ部からの漏水を止める新工法…81
窓ガラスに貼るだけで室内を2倍明るく…82
小中断面集成材の組合せで大断面を実現…83

【MACRO & MICRO】
Column
 今後のRC造建物の耐震設計の方向性│石川裕次…200
 防災・減災に向けた新たな学会連携のスタート│田村和夫…201

【BRI news & topics】
平成28年3月4日(金)に建築研究所講演会を開催

【表紙】
TOYAMAキラリ
設計:RIA・隈研吾・三四五設計共同体
撮影:大野 繁
デザイン:箕浦卓(M's SPACE)

通巻 794号
発売日 2016年2月17日
判型・頁 B5判・214頁
雑誌コード 03325-03
価格 1,759+税
販売価格(税込) 1,900 円
 
関連カテゴリ:

月刊建築技術

構造

木造

設計

個  数

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

オススメ商品

渡り腮構法の住宅のつくり方

渡り腮構法の住宅のつくり方

価格(税込) 4,536 円

丹呉明恭・山辺豊彦 共著

建築技術別冊6 木造住宅の構造設計[改正基準法と品確法]

建築技術別冊6 木造住宅の構造設計[改正基準法と品確法]

価格(税込) 2,057 円

大橋好光 監修
建築技術 編

月刊建築技術 2015年5月号

月刊建築技術 2015年5月号

価格(税込) 1,900 円

特集:中大規模木造建築物を建てるための木質系材料Q&A・決定版
監修:大橋好光
中大規模木造建築物が注目され、新しく参入した技術者は「木材」に関する疑問・課題にぶつかり頭を悩ませている。特集では、設計に必要な「木質系材料」に関する事項を五つのカテゴリーに分け、わかりやすく解説する。「基本知識」と「木材系材料のここが知りたいQ&A」の2本立てで解説する。

月刊建築技術 2014年5月号

月刊建築技術 2014年5月号

価格(税込) 1,900 円

特集:中大規模木造建築物の建築設計を実務から学ぶ
監修:大橋好光
普段S造やRC造の設計に携わる実務者に向け、中大規模木造の設計において実務に役立つ具体的な手法を解説する。

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ