月刊建築技術

月刊建築技術 2014年11月号

  • オススメ
商品コード: 201411
特集:すぐ役立つ耐震改修の実用知識
監修:勅使川原正臣

昨今までの耐震診断・補強は、校舎や庁舎などが対象であった。今後は幹線道路沿いや、駅前マンション、店舗、複合ビルなどが対象になり、構造図がない建物、アスベスト、鉄骨造など新たな問題が起きている。本特集では、構造設計者に求められる役割、耐震改修の法律関係、耐震診断に必要な基本知識、耐震改修で困ったときのQ&A、実例から学ぶ耐震改修の進め方、図面のない建物の耐震改修を取り上げる。本特集が耐震化率の向上と良好なストック社会の実現に貢献することを期待したい。

Ⅰ.総論 改めて考える耐震改修の課題│勅使川原正臣
Ⅱ.耐震改修において求められるもの│藤村 勝
Ⅲ.耐震改修に関する法律
 クライアントが望む設計者の対応│木下雅幸
 100%の耐震改修が実施できない場合のリスク──
 コストバランスは,契約条項の記載の充実でカバーする│秋野卓生
Ⅳ.耐震改修に必要な基本知識
 知っておきたい基本知識│以頭秀司
 知っておきたい鉄骨造の基本知識│寺本隆幸+角田義雄
Ⅴ.耐震改修で困ったときのQ&A
 全般
  建物上部だけ補強すればよい場合,下階の補強材は抜いてもよいのか│近藤龍哉
  小規模コンクリートブロック造建物の診断方法と補強方法│黒木正幸
  1スパンS造建物の補強方法│寺本隆幸+角田義雄
  階の補正係数の考え方について│坂田弘安
 壁
  雑壁の評価について│小室達也
  耐震壁の縦長・連層開口の評価法(回転耐力)について│近藤龍哉
  部分スリットの評価について│小室達也
 柱
  袖壁付き柱の反曲点高さについて│清原俊彦
  下階壁抜け柱の評価法について│田才 晃
  柱の帯筋が端部と中央部で異なる場合の柱のせん断耐力評価について│坂田弘安
  高層のとき,地震時の付加軸力(Ns=NL+αNE)の係数αは,どの程度とするのが適切か│坂田弘安
 制震
  制震改修のせん断破壊部材と鉛直部材のせん断余裕度について│久保田雅春
 地下・基礎
  地下の評価方法について│太田 勤+清原俊彦
  杭の診断・補強について│金子 治
  基礎の補強はどのように検討し対処しているのか│井上芳生
  外付け補強工法における基礎の検討│井上芳生
 施工
  小規模鉄骨造建物のアスベスト対策│伊藤正利
Ⅵ.事例から学ぶ耐震改修の進め方
 合板耐力壁と基礎の増打ち補強による木造3階建の耐震改修/温泉旅館Y館│腰原幹雄
 IS=0.6未満を目指した制震ブレースによる耐震改修/西荻コーポ│山田周平+竹内健一
 住棟を分割して地震力を低減/M団地│時田伸二
 自立した鉄骨フレームを用いた歴史的建造物の耐震改修/
 戸畑図書館(旧戸畑区役所)│金箱温春+青木 茂
 免震レトロフィットによる耐震改修/長野県庁本館棟・議会棟│長瀬 悟+江坂佳賢
 外付け補強工法(袖壁補強・RCフレーム)による強度抵抗型の耐震補強/
 北海道内事務所ビル│後藤和弘+岩田樹美
 外付けブレースと壁増設による耐震改修/KGMコート│江尻憲泰+藤田 実
Ⅶ.図面のない建物の耐震診断と耐震改修│大越俊男

【特別記事】
中規模オフィスビルにおける制振構造 エキスパートオフィス渋谷│原田 玄+村上夏樹+津之下睦
アラミドロッド挿入目地置換工法による歴史的煉瓦造建築物の耐震補強│西川 忠
竹による醤油蔵の耐震改修│秋山弘明+江尻憲泰

【architectural design】
多摩大学25周年記念 T-Studio│東畑建築事務所
 実学を実戦するアカデミックな場の創出│伊藤 良
 構造体とディテール│伊藤 良
 設備計画における省エネルギー手法と使用勝手への配慮│鳴海龍弥
 鋼板によるセミモノコック構造│多田脩二
 鋼板耐震壁の終局挙動と塑性変形能力に関する解析的検討│伊藤拓海
 鋼板構造の施工│浅理正市

荒川材木店道作工場事務所│檜山延雄+まちづくり工房
 無垢大断面の可能性│檜山延雄
 大断面製材を用いた木構造の可能性│山田憲明

【連載】
建築家の流儀 第23回◉嫌われる勇気,あるいは蛮勇│森 暢郎
新時代を拓く最新施工技術 第61回◉無収縮高流動コンクリートを用いた施工の合理化と建物の品質向上│立松和彦+山﨑順二
建築関連最新判例の解説 第11回◉豪雨による土砂災害で発生した崖崩れにて法的責任が発生する場面静岡地裁平成4年3月24日判決等の解説│秋野卓生
建築の夢,そして未来 第16回◉ライフサイクルに対応した中高層集合住宅の一提案│柳川 裕
施工者に幸あれ 第35回◉選べないのが・・・ご近隣です│朝倉幸子
一言居士◉東京オリンピック│飯島眞人
読者コーナーQ&A◉座屈長さの取り方について│竹内 徹
ザ・ブックス◉寝そべる建築│鈴木了二 著,村田 涼 評

【TECHNICAL View】
蝶々形ブロックを組み上げた耐震補強壁
巨大地震に対応する接続型免震スイッチダンパー
制震部材を用いたエネルギー法による設計法
施工中のコンクリートの硬化状態を定量的に把握できるシステム
エネルギー・CO2原単位を約30~60%削減するセメント
自動ラック倉庫の耐震性を向上させる制振技術を実用化
生産ラインの自由な変更,省エネ・省スペースを実現する床システム

【MACRO & MICRO】
Column
 入口にマシュマロ・ソファ ジョージ・ネルソンの多彩な活躍とシステムのデザイン│杉本将基
 木造都市の未来,木橋の可能性 Timberize Tokyo 2020@青山SPIRAL│萩生田秀之
BRI news & topics
 建築研究所の平成25年度における主な国際連携・国際貢献

【表紙】
多摩大学25周年記念 T-Studio
 設計:東畑建築事務所
 撮影:大野 繁
 デザイン:箕浦卓(M's SPACE)

通巻 778号
発売日 2014年10月17日
判型・頁 B5判・210頁
雑誌 03325-11
価格 \1,759+税
販売価格(税込) 1,900 円
 
関連カテゴリ:

月刊建築技術

耐震補強

個  数

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ