月刊建築技術

月刊建築技術 2014年7月号 CPD2単位

商品コード: 201407
特集:実務設計における保有水平耐力計算の活用
監修:和泉信之(千葉大学大学院教授)

保有水平耐力とは何か。構造設計を行うときに最低限知っておかなければならないことは何か、そして何を理解すれば構造計画において適した解にたどり着けるのか。保有水平耐力の概略と留意点、実務設計における活用法、そして、保有水平耐力計算における問題点や疑問点を具体的に取り上げQ&A形式で解説。

総論 保有水平耐力計算の活用と課題│和泉信之
Ⅰ・保有水平耐力計算の基礎知識
  保有水平耐力計算とは何か?│福島順一
  崩壊メカニズムをどう考えるか?│蜷川利彦
  保有水平耐力の計算法とは?│鹿島 孝
  必要保有水平耐力の算定とは?│蜷川利彦
  保有水平耐力計算における保証設計とは?│太田俊也
Ⅱ・保有水平耐力計算の留意点
  一貫構造計算プログラムとどのように付き合っていますか?│田嶋和樹
  建物の実際の耐力をイメージしていますか?│田嶋和樹
Ⅲ・保有水平耐力計算を構造計画に活かす
  保有水平耐力計算を実務の構造計画に活かすには?│原田公明+刀田健史+茨木彰人
Ⅳ・実務における疑問への考え方
  Q.01 混構造や特殊な構造の計算で留意すべき点は?│楠川邦輔
  Q.02 不整形な建物の計算で考慮すべき点は?│手塚純一
  Q.03 ピロティを持つ建物の計算で注意すべき点は?│太田俊也
  Q.04 基礎の二次設計はどう考えるのか?│阪上浩二
  Q.05 計算時の「降伏,破壊」と地震時の「降伏,破壊」の違いは?│浜田公也
  Q.06 全体崩壊形の実現と層ごとのDs・耐力算定は整合するのか?│浜田公也
  Q.07 転倒崩壊形,支点の浮上がりはどう扱うのか?│溝渕知己
  Q.08 大変形まで解析しても崩壊しない層はどう扱うのか?│池田周英
  Q.09 増分解析でも手計算と同様の必要保有水平耐力を用いるのは過大?│鹿島 孝
  Q.10 増分解析で耐力壁が早期にせん断破壊した場合,どう考えればよいのか?│中川 崇
  Q.11 部材ランクに対応した限界部材角は?│石川裕次
  Q.12 袖壁付き柱の曲げ強度やせん断強度の算定式は?│石川裕次
  Q.13 耐力壁の周辺フレームの設計はどう考えるのか?│佐藤則勝
  Q.14 増分解析では筋かいの座屈をどう扱えばよいのか?│渡辺 仁
  Q.15 連層壁が全体曲げ降伏する場合,どう考えればよいのか?│寺田隆一
  Q.16 少数層の水平剛性が高い場合,Fs値による割増しは?│池田周英
  Q.17 現行のDs値の算定方法に改善できる点はないか?│寺田隆一

【architectural design】
福岡女子大学施設整備第1期計画│久米設計・NKSアーキテクツ・大設計
 多様な価値観を育むキャンパスの創造│小見山信巳+桐 賢史+松尾敬一+末廣香織+末廣宣子
 構造の力の流れを視覚化する木ルーバー天井│松尾敬一+末廣香織+末廣宣子
 森の木々を縫うように配置された鋼板耐震壁ファサード│松尾敬一+末廣香織+末廣宣子
 屋上にちりばめられた自然光・自然換気装置│松尾敬一+末廣香織+末廣宣子
 連続空間を途切れさせない間仕切│松尾敬一+末廣香織+末廣宣子
 建築表現と一体となった構造システムの構築│河合正理
 鉄骨工事計画│北島聖士
 三つの最適化と自然エネルギー利用│伊藤欽章

【短期連載】
木造住宅劣化対策の決め手は防腐・防蟻対策Ⅰ◉ヒノキにも蟻害──シロアリ侵入経路が拡大│浅葉健介

【連載】
 岡部㈱新社屋の建設 第4回◉施工計画│神田貴宏+大石和久+岡田直也+狭間 豊
 建築家の流儀 第19回◉用意周到,準備万端│森 暢郎
 新時代を拓く最新施工技術 第57回◉さまざまな構造要素を駆使して新たな空間を実現する高層集合住宅躯体構法とその施工「SuKKiT(スキット)」シリーズの展開│松崎真豊+佐古潤治
 建築関連最新判例の解説 第7回◉建設業の外国人材活用にあたっての法的注意点大阪地方裁判所平成25年7月4日判決の解説│秋野卓生
 建築の夢,そして未来 第12回◉保存建物に現代化活用の息吹を│太田統士
 施工者に幸あれ 第31回◉『耐震化の法律読本』なり│朝倉幸子
 一言居士◉建築材料の環境と安全│和田 環
 読者コーナーQ&A◉鉄筋コンクリート造の接合部の検討について│益尾 潔
 ザ・ブックス◉20世紀を築いた構造家たち│小澤雄樹 著,多田脩二 評
【TECHNICAL View】
 居住しながらの施工が可能な既存梁部材の外側補強工法
 リブ付き分割鋼板+繊維シートによる強度・靱性型耐震補強工法
 中間および先端に拡径部を有する場所打ちコンクリート杭工法の評定取得
 格子状地盤改良による住宅向け液状化対策工法
 基礎周辺地盤と基礎の簡易改良による既存小規模施設の液状化対策
 壊れても崩壊させないコンクリート被覆樹脂の実証実験
 “すべすべ”なコンクリートを実現する高撥水性特殊シート
【MACRO & MICRO】
Column
 建築にできること 乾久美子+東京藝術大学乾久美子研究室展──小さな風景からの学び│河内一泰
 一個人としての国立,一建築家としての提言 緊急シンポジウム「新国立競技場のもう1つの可能性」│宇野 求
BRI news & topics
 平成25年度に建築研究所で公表した研究成果資料概要

【表紙】
福岡女子大学 施設整備第1期計画
設計:久米設計・NKSアーキテクツ・大設計
撮影:大野繁
デザイン:箕浦卓(M's SPACE)

通巻 774号
発売日 2014年6月17日
判型・頁 B5判・210頁
雑誌 03325-07
価格 \1,759+税
販売価格(税込) 1,900 円
 
関連カテゴリ:

月刊建築技術

構造

RC(SRC)

個  数

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

オススメ商品

保有水平耐力入門 上

保有水平耐力入門 上

価格(税込) 1,404 円

星 睦男 著

保有水平耐力入門 下

保有水平耐力入門 下

価格(税込) 1,416 円

星 睦男 著

月刊建築技術 2010年4月号

月刊建築技術 2010年4月号

価格(税込) 1,903 円

特集:初歩から学ぶ
「保有水平耐力計算」
監修:壁谷澤寿海

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ