月刊建築技術

月刊建築技術 2011年11月号

商品コード: 201111
●特集 木造公共建築物の建築・構造設計マニュアル 監修:大橋好光
昨年10月,「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」が施行され,公共建築物への木材の利用が広がるものと期待されている。国や地方自治体が整備する低層の公共建築物は,すべて「原則的に木造化する」方針が示された。これを受けて,国交省の官庁営繕部では『木造計画・設計基準及び同資料』を制定し,木造で建てる際の技術的方針・注意事項をまとめた。本特集では,この基準を中心に,今後増えることが予想される木造公共建築物の設計に際し,注意すべき技術的課題を解説する。

1.公共建築物等木材利用促進法と中大規模木造 大橋好光
2.公共建築物等木材利用促進法とは-木造建築を進める背景とねらい- 農林水産省林野庁林政部木材産業課
3.木造計画・設計基準とは 国土交通省大臣官房官庁営繕部整備課木材利用推進室
4.建築・構造設計マニュアル
  木材の基本知識 林知行
  建築計画の基本知識 杉本洋文
  木造建築物の耐用・耐久設計の基本知識 中島正夫
  構造計画の基本知識
    構法計画の基本知識 安村基
    構造計算の基本知識 腰原幹雄
    混構造における構造設計の基本知識 山田憲明
  要求される性能の基本知識
    防耐火,内装不燃の基本知識 安井昇
    雨仕舞,結露防止の基本知識 石川廣三
    断熱の基本知識 長谷川巌
    遮音の基本知識 井上勝夫
    床振動の基本知識 横山裕
  各部の代表的ディテール
    屋根・軒裏の構法と代表的ディテール 加来照彦
    外壁の構法と代表的ディテール 加来照彦
    内壁の構法と代表的ディテール 平光厚雄
    床の構法と代表的ディテール 平光厚雄
    耐久性からみた基礎部の代表的ディテール 中島正夫
  メンテナンスの基本知識 中島正夫
  木造架構の施工管理の基本知識 宮林正幸
5.建築事例
  大断面木質構法による庁舎/宮代町庁舎 安達広幸
  ツーバイフォー工法による複合交流施設/柏の葉アーバンデザインセンター 松尾和午
  ツーバイフォー工法による集合住宅/蔵波台社宅 篠原建次
  在来軸組構法による幼稚園/杉戸町立中央幼稚園管理棟・遊戯棟 渡辺景己
  丸太組工法の準耐火建築物/地域密着型特別養護老人ホーム ときだの里 角谷隆文
6.官公庁における木材利用の促進策
  国土交通省営繕部における木材利用の促進策 国土交通省大臣官房官庁営繕部整備課木材利用推進室
  林野庁における木材利用の促進策 農林水産省林野庁林政部木材産業課
  文部科学省における木材利用の促進策 文部科学省大臣官房文教施設企画部施設助成課
  国土交通省住宅局における木材利用の促進策 国土交通省住宅局木造住宅振興室
7.関係業界による木材利用への取組
  全木連の木材利用への取組 藤原敬
  全国LVL協会の木材利用への取組 一般社団法人全国LVL協会
  中国木材の木材利用への取組 藤田譲
  銘建工業の木材利用への取組 田中宏明
  三井住商建材の木材利用への取組 岩原誠

●architectural design
白河市立図書館 第一工房
 市民のための新しい図書館 高橋てい一
 建築計画 地域に根差した図書館 伊原洋光
 構造計画 曲面天井をつくる張弦梁 笹谷真通・伊藤潤一郎
 設備計画 居住域空調 高山浩
 照明計画 建築と人に寄り添う照明 大島一成・飯塚千恵里・伊原洋光

●特別記事
経験から修得した知恵を活かすには 三好清隆
生産した建築物の品質・性能を計測し,保証する努力 大久保孝昭

●連 載
病院建築──スペシャリストへの道 第11回 病院の各部計画―3 外来 藤田衛
超・競争時代に勝ち残る「中谷式」経営革新法 第2回 勝ち残るための「全社経営体制」の革新法…その2 中谷義昭
新時代を拓く最新施工技術 第25回 液状化対策工法の開発と施工事例──インナースクリューを用いた静的締固め地盤改良 森利弘・服部正裕
一言居士 見える化 和田環
OVERSEAS TOPICS Reciprocal Frame Structureの構造システム特性
私の修行時代 第4回 冷や汗の中で学んだ!民の心から学んだ!私の修行時代 小畑晴治
ザ・ブックス [東日本大震災・原発事故]復興まちづくりに向けて 学芸出版社編集部 編,竹内泰 評
BRI news&topics
 建築研究所に関するコラム
Column
 3.11以降のこれからの社会へ アーキニアリング・デザイン展2011 佐藤慎也
 時代を追体験する建築展 メタボリズムの未来都市展 倉方俊輔
 ネクスト・パイオニア Under 30 Architects exhibition 2011 木村博昭
TECHNICAL View
 コンクリートの品質向上と環境保護に寄与する型枠工法を開発
 世界初300N/mm2級の超高強度コンクリートを実物件に適用
 鉄骨造のH形鋼の柱梁接合部で新工法を開発・性能証明取得
 セメントミルクと発生泥土を低減する工法を都市部開削工事に適用
 ICタグによるコンクリート施工情報管理システムの開発
 コンクリートの保水養生に使用するテープがNETISに登録
 移動昇降式足場の安全指針として技術基準が作成される
 建物の揺れを回転エネルギーに変換する装置を制震改修に採用
 宅地の液状化判定にも有効な地盤調査法
 建設汚泥を最大で60%削減するソイルセメント壁工法の開発
 バイオディーゼル燃料の製造でゼロエミッションを達成
 省エネルギー性に優れた空調システムの開発
 BIM・パノラマ画像・CAFMで維持管理情報を可視化
 社員の位置情報や属性に応じて自動的な節電を可能にするシステム
 災害時に電気と水を確保する生活保全システムが商用化

通巻 742号
発売日 2011年10月17日
判型・頁 B5判・202頁
雑誌 03325-11
価格 \1,762+税
販売価格(税込) 1,903 円
 
関連カテゴリ:

月刊建築技術

木造

個  数

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

オススメ商品

月刊建築技術 2010年6月号

月刊建築技術 2010年6月号

価格(税込) 1,903 円

特集:木造建築物の[デザイン・構造]の可能性を探る
建築に木をどこまで使えるようになったのか。仕上げ・架構にどこまで使えるのか,構造・耐火・耐久性等の研究成果を紹介し,木を多用した建築物の実例を紹介する。

月刊建築技術 2005年7月号

月刊建築技術 2005年7月号

価格(税込) 1,903 円

特集:新しい木造耐火建築物の潮流と可能性
木造建築物の防火規制と性能評価の現状を紹介し,国交省の木造関連総プロの成果の紹介や,最新の木造耐火建築物の事例紹介などを行う。



サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ