月刊建築技術

月刊建築技術 2011年10月号

  • NEW
商品コード: 201110
●特集 東日本大震災における建築物の被害報告 Part2 監修:塩原 等
今回の地震は,有史以来最大級の海溝型地震であったにもかかわらず,首都圏における建築物は健全で,倒壊など大規模な被害が極めて少なかったことは予想外であった。一方で,ごく普通の建築物にもありがちな課題が改めて浮き彫りになっている。ホールや体育館の天井落下に見られる非構造部材の脆弱性,埋立宅地造成地の地盤液状化に見られた小規模建築物の基礎構造の脆弱性,今なおなくならない校舎や庁舎の柱のせん断破壊に見られた未耐震補強建築物の脆弱性などである。遠くない将来にやってくる都市直下型巨大地震では,首都圏でも今回の地震の揺れを遥かに超える場所もあると予想される。これらの教訓を生かして首都圏の備えを万全にしたいものである。

1.被害地域全域のマップ+各地の観測データ 編集部
2.座談会 東日本大震災を経験して,今後,いまわれわれができることはなにか 塩原 等+金箱温春+杉山義孝+和田 章
3.地震および地震動
 地震および地震動特性 鹿嶋俊英
 長周期地震動 大川 出
 発生した地震動と建物被害の対応 境 有紀
4.東日本大震災による建物被害
 免震建築物の被害 井上波彦
 制振建築物の被害 笠井和彦
 木造建築物の被害 槌本敬大
 大空間を有する建物の被害 立道郁生+竹内 徹
 非構造部材の被害
  非構造部材の被害の概要 清家 剛
  外装材の被害 名取 発
  ガラスカーテンウォールの被害 井上朝雄
  内装材の被害 熊谷亮平
  Exp.J,工作物等の被害 江口 亨
 建築設備の被害 平山昌宏
 地盤の被害 新井 洋
5.東日本大震災による地域別の建物被害
 茨城県の建物被害 金久保利之
 栃木県の建物被害 入江康隆
 千葉県の建物被害 和泉信之
 東京都の建物被害 高橋典之

●architectural design
東京工業大学附属図書館 安田幸一研究室+佐藤総合計画
 大岡山キャンパスを再構成する地中図書館 安田幸一+廣野雄太
 新しい大学図書館 鳴海雅人+山口健児+牛込具之
 軽快な鉄骨架構と変型PCa梁による構造 竹内 徹
 変型PCaコンクリート梁の施工 柳田 茂
 流域を再定義するランドスケープ計画 平賀達也
 シンプルかつ効果的な書架・家具デザイン 藤江和子

●特別記事
 高層ビルにおける長周期地震動対策工法─新築・既存建物の振動制御〈VESダンパー工法〉 中村洋行
 革新的な判断機能を持つ電磁波レーダー方式のヒルティのコンクリート埋設物探査システム「X-Scan PS 1000」 吉川恭司
 ライフラインが断たれたときの暖房と室温低下の実態調査 南 雄三
 パラレル構法で耐震補強した建築物の被害調査報告 林田則光+田中礼治
 津波をクリアしたあと施工アンカー 大垣正之+田中礼治

●連 載
短期連載 構造設計でのBIM活用に向けて 第3回●整合性の確保とコラボレーション 吉沢俊正
新時代を拓く最新施工技術 第24回●建築基礎のための地盤改良工法の有効活用 多様化する利用方法と最近の事例 伊勢本昇昭+金子 修
一言居士●男女共同参画 松井 勇
OVERSEAS TOPICS●鉄筋コンクリート造道路橋の拡幅-直交異法性片持ち鋼床版工法-
わたしの修業時代 第3回●建築と登山(歩け,見よ,考えよ!) 丸山和郎
ザ・ブックス●吉武泰水山脈の人々 建築計画の研究・実践の歩み 「吉武泰水山脈の人々」編集委員会 編,小林秀樹 評
病院建築--スペシャリストへの道 第10回●病院の光環境・音環境・温湿度環境 藤田 衛+齋藤一彦+羽田 司
BRI news&topics
 国土技術政策総合研究所平成23年度新規プロジェクト研究について
Column
 日本建築学会 2011年東北地方太平洋沖地震および一連の地震災害調査報告会 平石久廣
 空間の存在様態を問う試み オカムラデザインスペースR第9回企画展「ぼよよん」 川向正人
 「かいだん広場」で街を再生する 黄金町バザール2011 西倉 潔
TECHNICAL View
 超高層ビルを解体する環境配慮型新工法を公開
 震災の避難所にコンテナ改造型の風呂を設置
 テーパー鋼管杭を用いた戸建住宅用地盤補強工法
 小口径・大深度の立孔に対応した無人化ニューマチックケーソン工法
 ひび割れ注入材の充填状態確認技術を開発
 「スキップブレース耐震工法」を集合住宅耐震補強工事へ適用
 組立鉄筋を使用したそで壁付柱の耐震補強工法で技術評価を取得
 椿山荘三重塔の平成の大改修が完了 伝統建築を地震から守る耐震化の取組み
 自社ビルの省エネ・CO2削減の居ながら改修
 太陽電池パネル用汎用型取付システムを開発
 建物の使用電力を「見える化」して目標値へ最適制御
 CDM新規方法論を国連から正式承認
 優れた採光性と環境性はそのままに眺望と経済性を向上させたブラインド

通巻 741号
発売日 2011年9月17日
判型・頁 B5判・218頁
雑誌 03325-10
価格 \1,762+税
販売価格(税込) 1,903 円
 
関連カテゴリ:

月刊建築技術

耐震補強

個  数

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

オススメ商品

月刊建築技術 2011年9月号

月刊建築技術 2011年9月号

価格(税込) 1,903 円

特集
東日本大震災における建築物の
被害報告 Part1 東北

監修:田中礼治・源栄正人

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ