月刊建築技術

月刊建築技術 2011年9月号

商品コード: 201109
●特集 東日本大震災における建築物の被害報告 Part1 東北
監修 田中礼治・源栄正人
2011年3月11日の東日本大震災はマグニチュード9.0と日本の歴史上最大級のものであった。この地震被害の特徴は,地震動被害と津波被害の2種からなることである。地震動被害は,現行建築基準法の効果,耐震補強効果,並びに住民の防災意識の向上などにより建築物の主体構造の被害は比較的少なかったのではないかと考えている。
しかし,非構造部材の天井,地盤変動による建物の被害が多くの地域で起こったことなど,今後に課題を多く残した。現行の建築基準法の中には津波に関する規定がない。建築基準法の目的である,国民の生命と財産を守るのに津波の規定がなくてよいのかという問題は,これから国民全員で議論していく必要があるのではないかと考えている。本報を読まれた皆さんも,各自考えてみていただきたいと思う。

1 被害地域全域のマップ+被害状況データ 編集部
2 東北地方の建築物被害状況の概要 田中礼治・源栄正人
3 地震の発生メカニズム 源栄正人
4 東北地方で観測された地震動特性 源栄正人・大野晋
5 RC造建築物の被害状況 薛松濤
6 SRC造建築物の被害状況 大沼正昭
7 鋼構造建築物の被害状況 池永昌容
8 木造建築物の被害状況 板垣直行
9 免震・制震建築物の可能性について 船木尚己
10 耐震補強をした建築物の被害状況 大沼正昭
11 地盤の被害状況 三辻和弥・源栄正人
12 非構造部材の被害状況 三橋博三・西脇智哉・板垣直行・菊田貴恒
13 建築設備の被害状況 渡邉浩文
14 津波の被害状況 田中礼治
15 宮城県における地震防災対策教育の効果 田中礼治

●architectural design
金沢海みらい図書館 シーラカンスK&H
 本を読む空気を設計する 堀場弘
 これからの公共図書館 工藤和美
 GRC外装壁のデザイン 渡邉司
 GRC外装壁の製作と性能検証 松尾淳
 ケーキのハコに包まれた大きな空間を実現する架構 田尾玄秀・新谷眞人
 図書館の避難安全検証 鈴木貴良
 温熱環境計画 高間三郎
 音響計画 藤井弘義
 本を引き立てる家具 野崎みどり
 外壁GRCと内壁スチールパネルの施工方法の改善 中釜幸治
高松丸亀町商店街アーケード 企画・統括設計:福川裕一,西郷真理子+まちづくりカンパニー・シープネットワーク,設計:JSD+OWL(設計協力)
 新しいアーケードの建設と丸亀町の再生について 古川康造
 高松丸亀町商店街のまちづくり 福川裕一
 自然のそよ風と太陽の光を感じるアーケード 徐光・山坂雄一・千葉陽一・菊地悠太
 100年耐久アーケードの構築 中西良直

●特別記事
トグル制震装置を用いて耐震補強した仙台市役所本庁舎の補強効果 髙瀬裕也・佐々木清・田中礼治
東日本大震災における「ピタコラム工法」の耐震補強効果について 神谷隆・田中礼治
東日本大震災における東北被災地でのSB固定柱脚工法採用建物の調査結果と津波被害建物の復旧報告 加藤孝洋

●連載
病院建築--スペシャリストへの道 第9回 病院の各部計画2-病棟 藤田衛・松丸典義・佐藤利也・宮本一平・大屋三幸・坂東健太
新時代を拓く最新施工技術 第23回 中間階免震改修(Hy-Retro構法)の施工 鈴木亨
短期連載 構造設計でのBIM活用に向けて 第2回 配置基準としてのグリッドフリー軸 吉沢俊正
一言居士 本質を見抜く眼 石井雄輔
わたしの修業時代 第2回 建築現場と「施工図」 岡正樹
高速道路の建築技術 最終回 座談会 高速道路休憩施設のこれまでとこれから 鈴木エドワード・江尻憲泰・鵜飼哲矢・荒井義次郎・後藤真・斎藤淳・浅田継男・東晋一郎・信定稔久
OVERSEAS TOPICS リーズ市立大学ポートランドゲート計画
ザ・ブックス メタボリズム・ネクサス 八束はじめ 著,入江経一 評
BRI news&topics 第二期中期目標期間(平成18~22年度)における建築研究所の研究成果について
Column
 構造デザインの歩みとこれから JSCAシンポジウム「構造デザインその14」 倉持勝己
 NPO法人team Timberize設立記念セミナー 東日本大震災チャリティーイベント 加藤征寛
 家の外の都市(まち)の中の家 第12回ヴェネチア・ビエンナーレ建築展帰国展 関根裕司
TECHNICAL View
 地中連続壁を用いた戸建住宅地盤の液状化対策工法
 ベースプレート過大孔充填材を用いた柱脚工法
 アングルをシアキーとして用いた低振動・低騒音の耐震補強工法
 非円形断面シールドトンネル用セグメント組立装置を開発・実証
 中性化を10倍以上制御できる塗装システム
 超高強度繊維補強コンクリートによる港湾施設のリニューアル
 ライフライン復旧まで住み続けられ大規模な補修を要しないマンション
 建物内の全パソコンの使用状況を個別に監視して消費電力を制御
 光源にLEDを採用したグリッドシステム天井用照明器具

通巻 740号
発売日 2011年8月17日
判型・頁 B5判・210頁
雑誌 03325-09
価格 \1,762+税
販売価格(税込) 1,903 円
 
関連カテゴリ:

月刊建築技術

耐震補強

個  数

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

オススメ商品

月刊建築技術 2005年5月号

月刊建築技術 2005年5月号

価格(税込) 1,903 円

2004年10月23日に新潟県川口町付近に発生した地震による被害とその原因を解説し,地震発生後の対応を紹介する。

月刊建築技術 2006年9月号

月刊建築技術 2006年9月号

価格(税込) 1,903 円

2005年の福岡県西方沖地震によるガラスの破損,同年の宮城県沖の地震による天井落下などから,非構造部材の耐震設計への関心が高まっていることから,基礎知識と具体的な方法を紹介する。

ゲームで学ぶ 地震のふしぎ

ゲームで学ぶ 地震のふしぎ

価格(税込) 1,296 円

誰にでもわかる建築構造のやさしい説明,手近な物を用いたゲームと実験,身近な疑問について解説。地震と火山の入門書。ワイドリンガーアソシエイトのパートナーであるレヴィとサルバドリーによる著書。

大地が揺れる理由 地震と火山-その真相にせまる

大地が揺れる理由 地震と火山-その真相にせまる

価格(税込) 2,726 円

地震と火山の基本知識,地震学の誕生,地震の計測,前兆と予報などを優しく解説。建築構造に関心のある人に構造の知識と視野を与える解説書。大地の揺れにまつわる探検の始まりを宇宙の誕生に遡るなど,建築を取り巻く世界に触れる旅のガイドブック。

月刊建築技術 2007年4月号

月刊建築技術 2007年4月号

価格(税込) 1,903 円

住宅の地盤にかかわる不具合を敷地・地盤,基礎,擁壁に大別し,新設時の設計の現状と課題,変状と原因,調査・診断方法,補修工法を実施例などに基づき解決策を紹介。

月刊建築技術 2011年10月号

月刊建築技術 2011年10月号

価格(税込) 1,903 円

特集:東日本大震災における建築物の被害報告 Part2
監修:塩原 等
東日本大震災による被害報告の続編。東北の関東までの建築物被害を報告する。長周期地震動などの報告,非構造部材の被害報告や,各建築団体の代表者による座談会を通して,今後の建築に突きつけられた問題を考察する。

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ