月刊建築技術

月刊建築技術 2011年8月号

  • NEW
商品コード: 201108
●特集 設計ステップでわかる建築設備計画の勘所
監修 山本廣資
建築の計画・設計はあくなき創造的行為であるといってよいであろう。したがって,建築設計者はより高いレベルを求め,満足できるものを追求する傾向がある。そのため計画・設計にあたって,エンドレスな修正または大幅な変更に対する抵抗感が少ない。コンペなどで製作の締切ぎりぎりまで内容が決まらず,徹夜が続くのはこのためである。
絵画や彫刻の場合は,個人の仕事であるから,完成品に満足するまでエンドレスとなってもよい。またコンペの場合は,ライバルに負けるわけにはいかないし,営業活動の一環でもある。忙しいのはある意味仲間内のことである。しかし,建築設計という行為は多数の人間のコラボレーションである。計画・設計の流れに応じて検討し意思決定しなければプロジェクトは前に進まない。検討がおろそかであると手戻りが発生し,パートナーに迷惑をかけるばかりでなく,本来の設計詳細を煮詰めるなどの時間にも制約をきたす。
創造設計段階の変更・手戻りは物事が決まっていく段階での必要な過程であり,技術スタッフも協力は惜しまない。しかし,製作段階に入ったら手戻り・変更は望ましいことではない。手戻りを発生させないためには,建築計画・設備計画の接点内容の把握が必要である。そのため,実際の納まりがイメージしにくい設備図を読み解くためのコツを紹介した。
設備計画の検討事項はたくさんあるが,建築計画の各段階で要求されるものは違っている。今回の特集では,建築計画のステップごとにいつ・何を検討しなければならないのかを,モデル建物により解説を行った。また,手戻りはプロジェクト管理者の責任でもあるから,発注者・事業者の信頼を損ねることにもなる。設計工程の管理における手戻防止は,建築設計者が常に心掛けるべきポイントである。

総論 タイミングを押さえた設備計画 山本廣資
1.設計ステップごとの検討事項
 ステップ0 企画・基本計画 【与条件の整理・分析】 栫弘之
 ステップ1 企画・基本計画 【配置検討】 栫弘之
 ステップ2 基本設計 【面積構成・空間構成の検討】 今井雅博
 ステップ3 基本設計 【基本プランの作成】 今井雅博
 ステップ4 実施設計 【基本プランの修正】 川村政治
 ステップ5 実施設計 【詳細部の決定】 川村政治
2.建築デザイナーのための省エネルギーの基本知識 髙橋淳一
3.設備図を読み解く
 設備平面図から読み解く設備
   空調・給排水設備系 村田博道・吉田崇
   電気設備系 伊藤究
 系統図から読み解く設備 山下直久
 見える設備と見えない設備 村田博道・吉田崇
 設備記号 髙橋淳一
4.設備リニューアルの基本知識
 資産価値と設備リニューアル 黒沼清
 設備更新時期の目安と更新の考え方 関五郎
 リニューアルに適した設備機器と工法の最新情報 櫛渕清和
5.設備のコストマネジメント 植田誠人

●architectural design
早稲田大学40号館 総合監理:早稲田大学キャンパス企画部,基本設計・設計監修・監理監修:山下設計,設計施工:竹中工務店
 低炭素社会の実現を目指したフレキシビリティの高い研究施設の創造 水越英一郎・廣島正明・鈴木重則
 建築計画-明快でメカニカルな構成 水越英一郎・鈴木重則
 環境技術と融合したファサードディテール 鈴木重則・井上聡子・松浦勇一
 設備計画-研究内容の変化にフレキシブルに対応する・杉山潤
 構造計画-合理性と安全性の追求 小田島暢之
 BIMの取組み-3Dによるバーチャル竣工 森元一
 BIMの取組み-生産情報の取組み 指方豪立
 施工計画-計画編 玉井勝士
 施工計画-実践編 村上嘉一

●特別記事
東日本大震災の被害報告 その2|田中礼治・源栄正人
Interview ヘルス&セーフティ〈健康と安全〉の観点によるヒルティの製品開発と新製品TE 3000-AVRの紹介 宮原秀樹
天災か人災かは“天井次第” 三好清隆
夏期のピーク電力消費量を15%削減する対策 髙橋淳一

●新連載
わたしの修行時代 第1回 建築「修行」知らずに平々凡々 大野隆司

●連載
短期連載 構造設計でのBIM活用に向けて 第1回 BIMにおける配置基準の必要性 吉沢俊正
病院建築--スペシャリストへの道 第8回 病院の各部計画1-病室 藤田衛
新時代を拓く最新施工技術 第22回 多様化するハイブリッド構法の開発と展開 鈴木英之
高速道路の建築技術 第23回 NEXCO版構造計算概要書 山崎好則・信定稔久
一言居士 震災による貴重な体験を生かす 広沢雅也
OVERSEAS TOPICS ロンドン・レークサイドごみ処理施設からのエネルギー供給
ザ・ブックス 現代建築水滸伝 建築少年たちの夢 布野修司 著,内田祥士 評
BRI news&topics 東北地方太平洋沖地震調査研究(速報)について
Column
 都市,街,建築の新たな価値観の提示 シンポジウム『木の魅力を拡げる』 小杉栄次郎
 柔らかい構造-構造家・金田充弘 工学院大学 建築学部開設記念レクチャー 山下哲郎
 日本モダニズムの黎明期を改めて考えるために 愉快な家展 西村伊作の建築 中村研一
TECHNICAL View
 低層階を自走式駐車場とした都市型超高層マンションの開発
 建築構造用鍛鋼品NSEF450 国内初の商品化
 世界初,打放しコンクリートに写真を転写することに成功
 国内初,壁倍率10倍を超える耐力の板壁を開発
 矩形大開口付きPCaPC小梁の幅を均一として合理化
 コンクリートの養生状態を光の色で表現
 ユニット式で設置・解体が容易な法面用昇降設備
 低炭素型のコンクリートを製鉄所施設に初適用
 地中障害物を安全に撤去する装置
 スリムな鋼管をブレースに用い民間マンションを耐震補強
 開孔のある基礎梁の梁せいを縮小できる工法が性能証明を取得
 地震時の路面段差を抑制する工法
 初期投資ゼロのLED照明レンタル
 ゴンドラ足場を使って大規模修繕工事を経済的に
 短期間で構築・拡張が可能なデータセンターの提供を開始

M通巻 739号
発売日 2011年7月16日
判型・頁 B5判・210頁
雑誌 03325-08
価格 \1,762+税
販売価格(税込) 1,903 円
 
関連カテゴリ:

月刊建築技術

設備

個  数

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

オススメ商品

月刊建築技術 2009年8月号

月刊建築技術 2009年8月号

価格(税込) 1,903 円

建築家へ向け,設備配慮計画法の勘所を解説。計画の流れと打合せ事項,設備スペースの計画,用途ごとの初期プラン上での検討項目などを解説。

月刊建築技術 2010年9月号

月刊建築技術 2010年9月号

価格(税込) 1,903 円

建築家へ向け,建築と設備の接点上の配慮事項と納め方を解説。計画着手前~平面計画~シャフト計画~断面計画まで,詳細に注意点を解説した特集。

月刊建築技術 2006年11月号

月刊建築技術 2006年11月号

価格(税込) 1,903 円

施工図を読み解く勘所を解説。施工図を読めないと困ることや,躯体図・設備施工図・仕上施工図・金物施工図の読み解き方を解説。

月刊建築技術 2007年12月号

月刊建築技術 2007年12月号

価格(税込) 1,903 円

施工図を読み解く勘所を解説。8階建のRC造のモデル建物を用い,施工工程表,施工管理工程表の作成方法,施工計画図・躯体図・外部仕上図・内部仕上図・総合図を読み解くポイントを解説。

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ