月刊建築技術

月刊建築技術 2011年6月号 CPD2単位

商品コード: 201106
●特集 型枠工事の基本と『温故知新』のノウハウ
監修 阿部道彦・中田善久

本特集に取り組んでから間もなく,2011年3月11日に三陸沖を震源に国内観測史上最大のM9.0の東北地方太平洋沖地震が発生した。
この地震でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げるとともに,被害を受けられた皆さまとそのご家族に,心からお見舞いを申し上げます。この地震のとき,帰宅できずに大学にいたところ陸前高田が壊滅的な被害であるというニュースが入った。本特集でインタビューを行った村上先生が50年間の出稼ぎを終えられて故郷に戻って間もなくのことである。
発生後4日目に,ようやく無事という連絡が入り,胸をなで下ろす状況の中で,執筆された方々は,いつも以上に大変であったと思う。この状況からすると,建築だけにとどまらず,日本の安全自体を見直すべきときに来ているのかもしれない。
2011年の2月に日本建築学会『型枠の設計・施工指針』が23年ぶりに改定され,最近の技術や関係法規の情報が盛り込まれた。この特集では,改定された事項も含めて,若手技術者および中堅技術者を対象に,実務に役立つ型枠工事について解説している。本特集では建築技術者のために,有識者の方々に型枠工事にかかわる身近な常識を見直して執筆していただいた。同時に,型枠工事が鉄筋コンクリートの品質を大きく左右することを知っていただくチャンスでもあり,既存の知識の整理と強化のために,大いに役立つものと思う。

1.総論 RC工事における「型枠工事」の役割と機能 中田善久・大塚秀三
2.型枠工事と型枠大工 三野輪賢二
3.型枠の運用・転用計画
 型枠工事の施工計画 中田善久・大塚秀三
 型枠工事の合理化 中田善久・大塚秀三
 型枠の転用計画 中田善久・大塚秀三
 支保工の存置期間 中田善久・大塚秀三
4.型枠工事における6つの重要項目
 建入み精度管理 小柳光生
 側圧に対する計算の確認 小柳光生
 初期の締固めとひび割れへの影響 小柳光生
 水平荷重とひび割れ 小柳光生
 施工荷重によりスラブ・梁に有害なひび割れが生じないことの確認 小柳光生
 かぶり厚さの確保の確認 小柳光生
5.型枠の構成と建入れ
 型枠の構成部材 西田重徳
 型枠の建入み 宗永芳
6.型枠材料の種類と機能
 型枠材料の種類と機能・特徴 淺岡茂
 合板型枠 淺岡茂
 金属型枠 田中淳一
 ラス型枠 田中淳一
 システム型枠 青木志朗
 プラスチック・FRP型枠 佐々木晴夫
 断熱打込み型枠 佐々木晴夫
 ハーフPC型 塩田博之
 打継ぎ型枠 塩田博之
 盛土型枠 山下泰史
7.型枠工事のノウハウ集
〈基本の納め方・打設時の注意点〉
  型枠勝ち負けの基本 熊谷正樹
  浮かし型枠の基本 熊谷正樹
  柱の角締め 熊谷正樹
  誤差吸収の基本 熊谷正樹
  型枠のはらみ防止対策 熊谷正樹
  構造スリット 熊谷正樹
  高強度コンクリートを使用する場合の型枠への注意点 熊谷正樹
〈仕上下地や仕上材としての表面が要求される場合〉
  本実スギ板本実打放し型枠・デザイン型枠 中村敏昭・三浦伸也・福田良介
  誘発目地 宗永芳
  梁のハーフPC型枠 淵本正樹
  バルコニーのPCa型枠 淵本正樹
〈特殊な躯体形状や精度が要求される部位〉
  曲面型枠・円柱型枠 中村敏昭・三浦伸也・福田良介
  階段型枠・パラペット 中村敏昭・三浦伸也・福田良介
〈合理化・省力化〉
  スリーブの役もの 淵本正樹
  屋上機械類基礎 熊谷正樹
  超高層の先組型枠による工夫 淵本正樹
  自前でつくれるシステム型枠 熊谷正樹
〈合理化しにくい部位〉
  異強度のコンクリートの打ち分け 淵本正樹
  EXP.j用型枠 熊谷正樹
  その他のひと工夫 宗永芳
8.対談 修業は色気がつく前にやれ! 中田善久・村上幸一
9.建築家の型枠への期待 山中新太郎・大塚秀三
10.型枠の設計・施工指針改定ダイジェスト 阿部道彦・中田善久・濱崎仁

●architectural design
立教大学新座キャンパス 新教室棟 日建設計
 立教大学新座キャンパス新教室棟 山崎隆盛
 光を考察したファサード 砂田哲正・刀禰尚子
 台形形状のRC造ラーメン架構による構造表現 原田公明
 外壁のシルエットを追求した躯体精度 永嶋克正

●特別記事
東日本大震災における「PC圧着関節工法」の被害報告 黒沢亮太郎・藤原孝宏
東日本大震災における「JKセライダー工法」の緊急点検報告 末綱威夫・野村透一

●連載
病院建築―スペシャリストへの道 第6回 病院建築と災害対策 藤田衛・早瀬元明・齋藤一彦・羽田司
新時代を拓く最新施工技術 第20回 プレキャスト化により工期を短縮する外付けRCフレーム耐震補強構法 MaSTER FRAME構法 成瀬忠・今野修・宮澤茂・荒金直樹
一言居士 東北地方太平洋沖地震について思う 柳井正
OVERSEAS TOPICS アイルランド・ダブリンのアヴィヴァ・スタジアム
わたしの技術伝承ノート 第23回 私の修業時代-志を持とうとした頃- 金森捷三郎
ザ・ブックス 七十二時間,集中しなさい 父・丹下健三から教わったこと 丹下憲孝 著,山本浩三 評
高速道路の建築技術 第21回 基礎検討手法2 山崎好則・信定稔久
BRI news & topics 国土技術政策総合研究所における東日本大震災への対応について
Column
 速報 東日本大震災被害報告1 地震初動調査とソーシャル・ネットワーキング・サービス 竹内泰
 半貫敏夫教授退職記念講演 南極の話~日本南極地域観測隊の設営支援40年を振り返って 石鍋雄一郎
TECHNICAL View
 横揺れと縦揺れを同時に低減する3次元免震装置を搭載した集合住宅が完成
 柱梁ノンダイアフラム接合部材メニューを5サイズに拡充
 コンクリートの防食被覆工法で技術審査証明
 アウトフレームの完全PCa化で現場打設のない超高層複合ビル
 世界初の圧縮強度300N/mm2クラスの超高強度コンクリート実用化
 海水と海砂を利用した高耐久・高強度なコンクリート
 細骨材とフライアッシュを事前に混合したコンクリート用材料
 アルミニウム道路橋床版を使用した橋梁の建設
 アクティブ制震システムが地震で初作動し性能を実証
 マイクログリッド制御システムを適用しピーク電力を5%削減
 環境最先端テナントビルが竣工
 ソーラーLED街路灯とポータブル・ソーラーLED照明灯を開発
 高反射の光伝送路を利用し太陽光を取り込むシステム
 商用電源に頼らない独立電源システムが販売開始
 縮尺模型を使いホールでの音の伝播特性を再現

通巻 737号
発売日 2011年5月17日
判型・頁 B5判・210頁
雑誌 03325-06
価格 \1,762+税
販売価格(税込) 1,903 円
 
関連カテゴリ:

月刊建築技術

RC(SRC)

施工

個  数

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

オススメ商品

建築技術別冊12 円滑に進めるためのRC工事のポイント

建築技術別冊12 円滑に進めるためのRC工事のポイント

価格(税込) 1,944 円

RC工事の品質保証・環境保全を念頭に「コンクリート工事の常識」が円滑に進められるように、その周辺技術を含め各工事ごとに、実施するポイントに迫ってみる。

月刊建築技術 2010年5月号

月刊建築技術 2010年5月号

価格(税込) 1,903 円

日本建築学会『建築工事標準仕様書・同解説JASS5鉄筋コンクリート工事』が改定され,鉄筋工事も定着や継手の部分が大きく見直された。特集では,改正された事項,実務で間違いやすい工事事項を解説する。

月刊建築技術 2009年11月号

月刊建築技術 2009年11月号

価格(税込) 1,903 円

日本の建築は,法規制や合理化の影響により,品質,工期そして責任に振り回されている印象が強い。この特集では監修の二人が欧州で触れたRC建築の「コンクリート感」と,日本における有名RC建築の「コンクリート感」を中心にデザインと技術の両面からまとめた。

建築物の不具合を防ぐノウハウ

建築物の不具合を防ぐノウハウ

価格(税込) 4,320 円

建築物の最も基本的な品質に関わる7つの工事を対象に,基礎的な技術知識および検討事項・対策をシート形式で解説している。設計・施工現場に必携の書。


月刊建築技術 2009年4月号

月刊建築技術 2009年4月号

価格(税込) 1,903 円

『建築工事標準仕様書・同解説JASS5 鉄筋コンクリート工事』の改定点について,要点を解説。非常に多岐にわたる改定点だが,要点解説により早わかりできる特集。

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ