施工

建築技術増刊2 実践建築工事検査Ⅱ

商品コード: 463
建築技術増刊2 実践建築工事検査Ⅱ
鉄筋工事・型わく工事・コンクリート工事編
監修 亀田泰弘
鉄筋コンクリートは身近な構造体だが現場施工によるところが多く,品質確保・耐久性の向上という観点からも建築工事全般を通じて行われる各種の検査・試験を確実に実施していくことが不可欠である。この「実践 建築工事検査シリーズ」では,現在一般に行われている各種の検査・試験方法のうち現状に即したものを重点的に取り上げ,それぞれの検査・試験ごとに要旨・規格・方法・判定・評価といった項目を追って解説していく。
●RC造建物の耐久性向上のために 亀田泰弘
●6章 鉄筋工事 加藤一雄
6.1 共通事項
構造設計図・仕様書の検討
鉄筋施工図の作成と検討
鉄筋工事業者との打合せ
鉄筋の発注と受入れ
6.2 鉄筋コンクリート造
共通事項
基礎
基礎ばり

はり
小ばり
片持ちばり

床スラブ
6.3 壁式鉄筋コンクリート造
鉄筋のかぶり厚さ
耐力壁・壁ばりなど
6.4 鉄骨鉄筋コンクリート造
柱・はりの断面
柱・はりの接合部
あばら筋・帯筋
柱・はりと壁の接合部
はりと小ばりの接合部
はりと床スラブの接合部
はりの貫通孔補強
柱と基礎の接合部
6.5 補強コンクリートブロック造
鉄筋のかぶり厚さおよび定着と重ね継手
基礎
耐力壁
がりょう
6.6 型わくコンクリートブロック造
鉄筋の定着と重ね継手およびかぶり厚さ
耐力壁
6.7 コンクリートブロック帳壁構造
鉄筋の定着と重ね継手およびかぶり厚さ
帳壁
●7章 型わく工事 和泉意登志
7.1 型わくの計画と設計
設計図および仕様書の検討
躯体施工図の確認
型わく施工図の確認
7.2 型わく資材入荷時の確認
7.3 型わくの施工
型わくの加工(下ごしらえ)
型わくの組立て順序
基礎・地中ばり

はり
床版
階段

特殊箇所
型わく組立て完成時の検査
コンクリート打設時の検査
7.4 せき板・支保工の解体・撤去
せき板・支保工の存置期間
支柱の盛替え
解体後の整理・清掃
●8章 コンクリート工事
8.1 コンクリートの検査・概要 加賀秀治
8.2 生コンクリート工場の検査 加賀秀治
使用材料の検査
製造機器および製造工程の検査
配合報告書の検討
8.3 生コンクリートの受入れ検査
試料の採取方法 春原匡利
フレッシュコンクリートの状態,ワーカビリチー,スランプ 春原匡利
空気量 春原匡利
軽量コンクリートの単位容積重量 春原匡利
容積(コンクリートの量目) 春原匡利
コンクリート中の塩化物量 春原匡利
圧縮強度(標準養生供試体) 春原匡利
成分分析 笠井芳夫・横山清
圧縮強度の卓期判定(促進強度試験) 笠井芳夫・横山清
8.4 施工時の試験・検査
分離 飛坂基夫
ブリージング 飛坂基夫
涜動化 飛坂基夫
ポンプ圧送性 加賀秀治
温度・発熱 飛坂基夫
凝結時間 飛坂基夫
8.5 構造体コンクリートの検査
圧縮強度 春原匡利
初期強度 横山清
コンクリートコアによる圧縮強度試験 平賀友晃
ボス(凸部)供試体による強度推定法 平賀友晃
引抜き試験法 小松勇二郎
非破壊検査 谷川恭雄
ヤング率 野崎喜嗣
施工欠陥 加賀秀治
仕上がり精度 和美廣喜
配筋・かぶり厚さ 和美廣喜
8.6 耐久性にかかわる試験・検査
中性化・鉄筋の腐食 笠井芳夫・飛坂基夫
乾燥収縮・ひびわれ 笠井芳夫・飛坂基夫
透気・透水・吸水 笠井芳夫・長野基司・飛坂基夫
凍結融解 長島弘
耐火性 斎藤勇造
●SPETIAL REPORT
コンクリートと鉄筋の品質管理
生コン工場での製造から運搬,現場施工まで,コンクリートをコントロールする実際の様子を,ビジュアルに追跡。また,鉄筋ガス圧接継手の品質管理検査状況についても併せて紹介。
生コン工場の品質管理
原材料の受入と貯蔵/回収水の利用
骨材の検査と試験/試し練り・その1~5
生コンの製造管理
構造体コンクリートの品質管理
圧縮強度試験/抜取りコアーの強度試験
鉄筋(ガス圧接継手)の強度試験

通巻 No.463
発売日 1989年12月1日
判型・頁 A4判・289頁
コード 雑誌03326-12
価格 \3,204+税
販売価格(税込) 3,460 円
 
関連カテゴリ:

施工

月刊建築技術 > 増刊

増刊

個  数

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ