設計

建築技術増刊8 駐車場の計画と設計-建物とクルマの共存を求めて-

商品コード: 504
建築技術増刊8 駐車場の計画と設計-建物とクルマの共存を求めて-
増刊「駐車場の計画と設計」ワーキンググループ 編
戦後,急激に進んだモータリゼーションは,高度経済成長を促進した反面,駐車場不足という深刻な都市問題を引き起こした。そこで建築の単なる付属物と見なされていた駐車場が,いまや建築の企画・計画の中心として位置付けられ,建築家が主体的に取り組まねばならなくなったといえる。前半のノウハウ編では,駐車場の計画・設計の基本的な方法論を総論的にまとめ,後半の設計事例編ではそれらを応用した事例を多数紹介している。特に事例紹介では,さまざまな駐車形式の中でなぜこのような形式を選定したか,設計者としてどこで苦労したかなどについて,敷地条件や建物規模,メインテナンスコストなどさまざまな観点から紹介し,設計資料として事例を比較できるよう,細かいデータも添えている。
●第1章 駐車場の計画と設計のノウハウ
1.駐車場法とその改正 斉藤親
1 駐車場整備の強力な推進を図る
2 駐車場法改正の経緯
3 駐車場法の改正点
4 実績を積み重ねる努力を
2.駐車場設計のフローと手順
1 駐車場はどういう手順で設計するか
2 駐車場計画のフローと手順
3 ボリュームスタディにおける駐車場の位置づけ
4 駐車台数の算出方法
5 建物用途による駐車場の性格
3.どのような駐車形式があるか
1 適した駐車形式を選ぶために
2 敷地条件から見た駐車形式の選定
3 さまざまな駐車形式の利点と難点(1)
さまざまな駐車形式の利点と難点(2)
4 建物用途から見た駐車形式の選定
5 躯体構造から見た駐車形式の選定
6 コストプランニングから見た駐車形式の選定
7 駐車形式選定のポイント
4.自走式駐車場の計画・設計のポイント
1 自走式駐車場の特徴
2 収容方式と建物との関係
3 斜路形式
4 クルマの大きさと駐車方式
5 駐車場に適した柱スパンと階高
6 自走式駐車場計画でのチェックポイント
5.機械式駐車場の計画・設計のポイント
1 機械式駐車場を計画・設計する人のために
2 機械式駐車場の特色
3 機械式駐車場のさまざまな形式
4 立体駐車場を躯体に組み込むための留意点
5 都市型複合ビルに駐車場を組み込む際のチェックポイント
6 立体駐車場ビルの計画・構造
7 簡易2段式駐車装置
8 建設大臣認定について
9 都市景観と機械式駐車場
6.周辺交通との融和
1 周辺交通を考えた駐車場の必要性
2 出入口配置の方法
3 迅速な出入庫を実現するには
4 駐車需要の予測
7.使いやすい駐車場にするためのポイント
1 使いやすい駐車場にするために
2 サイン表示の設けかた
3 駐車場の照明計画
4 場内の換気空調システム
5 迅速な料金徴集システムの構築
6 快適で安全な都市環境づくり
8.駐車場での災害防止のポイント
1 より安全な駐車場の計画・設計
2 防火区画の考え方
3 避難・誘導方法の検討
4 駐車場における消火設備
5 クルマと歩行者の接触事故の防止
6 機械式立体駐車設備の安全対策
●第2章 駐車場の設計事例研究
オフィスビル
明治生命広島幟町ピル
住友不動産駒形ピル
第一不動産西新宿ピル
三菱重工横浜ビル
複合施設
芝浦グループ港南ピル
紀尾井町ピル
目黒雅叙園
南大沢第一期複合ビル
中野4丁目東地区第一種市街地再開発
ホテル
ロイヤルパークホテル
駐車場専用ビル
土浦市営駅東立体駐車場
多摩センター東第1駐車場
シマダモータープール
公共駐車場・駐車場ネットワーク
渋谷区役所前駐車場
錦糸町駅北口地区第一種市街地再開発
広島市基町地下パーキングアクセス道路

通巻 No.504
発売日 1992年9月1日
判型・頁 A4判・208頁
コード 雑誌03326-09
価格 \3,689+税
販売価格(税込) 3,984 円
 
関連カテゴリ:

設計

月刊建築技術 > 増刊

増刊

個  数

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ