構造

建築技術増刊11 勾配屋根の構法と納まり フォルムからディテールまで

商品コード: 515
建築技術増刊11 勾配屋根の構法と納まり
フォルムからディテールまで
日本の都市景観から勾配屋根が次第に少なくなってはいるが,今再び勾配屋根が見直される機運にある。しかし,陸屋根と勾配屋根ではその設計手法も納まりのテクニックも異なる。一般に単純な形の建物は雨水が漏れにくいと言うが,棟や谷が複雑に分岐する勾配屋根でいかに漏水防止を確保するかについては,方法論がさほど顧みられず,屋根職人の技量に依存していたといっても過言ではない。
美しく合理的な勾配屋根をつくるためには地球環境やコンセプトと合致した勾配屋根の形,屋根構法や屋根材の検討,ディテールの工夫が不可欠である。ここでは,設計事例を写真と図面により豊富に紹介するとともに,勾配屋根づくりの方法論を実践的に考える。
●序章 建築家インタビュー“私にとっての屋根とは”
“建築は日常と非日常をつなぐ接点である” 内井昭蔵
“私にとっての風土,建築,屋根” 本間利雄
●第1章 世界の屋根 飯塚五郎蔵・二條理絵
世界の屋根(丸屋根は西洋切妻から寄棟へ)/赤い瓦屋根の分布/屋根の南北問題と国際性/東南アジア・南太平洋の民族と住居/草の屋根/板の屋根/屋根瓦の伝来/「古瓦」礼賛/漏らない屋根はない/下葦の重要性/屋根は「帽子」である/屋根は「冠」である/石の屋根/金属の屋根
ルポルタージュ
屋根に見る日本の伝統民家ミニ紀行
瓦/瓦産地見聞紀/東大寺大仏殿瓦が語るもの
●第2章 勾配屋根概論-材料・構法・納まり-
1.屋根構法の序説的雑考 後藤一雄
屋根の役割/所変われば品変わる/屋根(庇)の扱いかたが時代とともに変化し,その結果家の構造を危うくするに至った例/日本における屋根茸技術の欧米との違い/屋根は飛翔する/屋根葺材の耐風性/屋根葺材は葡萄する/大屋根はどこで漏るか/積雪荷重の落し穴
2.勾配屋根のディテールのポイント 早川正
金属板横葺/金属板長尺瓦棒葺(心木なし瓦棒葺)/アスファルトシングル葦/繊維セメント屋根材茸/瓦葺(S瓦)/鋼板一文字葺/折板葺/ステンレスシート溶接葦
3.勾配屋根め材料と構法-会属屋根材を中心に- 丸山郁夫
屋根材料の概要/屋根材料の変遷/屋根材に必要な性能
金属板屋根材料の分類と解説
金属屋根構法
●第3章 事例研究編
執筆者一覧
越屋根を持つ寄棟屋根の連なりが背景の山並に調和する 日本ベクトン・ディッキンソン福島工場(設計:竹中工務店設計部) 渡辺信一
大地にはりつく4寸勾配のむくりのついた瓦葺寄棟屋根 三輪そうめん山本本社(設計:竹中工務店設計部) 山下好次
雪割を兼ねたトップライトを持つ瓦葺の多角形寄棟屋根 ユーグリーン中津川ゴルフ倶楽部(設計:竹中工務店設計部) 古田博司
4枚の花弁を持つ優美なシェル構造に緑青銅板を一文字葺 阪急池田文庫(設計:竹中工務店設計部) 林達雄
敷地の傾斜に調和する銅板立ちはぜ葺のヴォールト屋根 真鶴町立中川一政美術館(設計:TAK建築・都市計画研究所) 柳澤孝彦
低収縮率のステンレス鋼を用いた緩勾配の優雅な大屋根 郡山市立美術舘(設計:TAK建築・都市計画研究所) 柳澤孝彦
切妻の軸線をそろえ妻面を美しく連続させたファサード 山形市総合スポーツセンター(設計:本間利雄設計事務所+日建設計) 本間利雄・菅正昭 
木造トラス構造+移築民家の再生による木造建築の屋根 山寺風雅の国(設計:本間利雄設計事務所+地域環境計画研究室) 本間利雄・菅正昭
ガラス壁の置屋根を項点に抱くシンメトリーな切妻屋根 東北芸術工科大学(設計:本間利雄設計事務所+地域環境計画研究室) 本間利雄・菅正昭
周辺環境に調和するなだらかなアールと屋根材の組合せ 信州高遠美術館(設計:宮本忠長建築設計事務所) 宮本忠長
打放しの躯体に置屋根を載せたダイナミックなフォルム おぼろ月夜の館/斑山文庫(設計:宮本忠長建築設計事務所) 宮本忠長
木造トラス構造によるメインテナンスフリーの方形屋根 南小国町総合物産館(設計:宮本忠長建築設計事務所) 宮本忠長
勾配と形状に変化をつけた銅板化粧瓦棒葺のドーム屋根 浦添市美術館(設計:内井昭蔵建築設計事務所) 内井昭蔵・岩崎正弥
ロシア正教会をイメージしドーム屋根と寄株屋根を複合 蕗谷虹児記念館(設計:内井昭蔵建築設計事務所) 内井昭蔵・矢澤清夫
三段方形屋根とヴォールト屋根とをシンボリックに配置 星の村会館(設計:山下和正+山下和正建築研究所) 山下和正・後藤一雄
背景の山並と美しく調和する緩勾配の切妻形屋根の連続 駒ヶ根総合文化センター(設計:森幹雄+石本建築事務所) 近藤康弘
セラミック粒子を用いた不燃シングルを模様葦した大屋根 Bunkamura(設計:石本建築事務所) 礒田三千雄
偏心した切妻アーチ状屋根内部に無柱の大空問が広がる 福岡総合プール(設計:石本建築事務所) 清水博正
尖塔を持つ4つの棟を押し上げた蔵造りを連想させる外観 高知市立自由民権記念館(設計:日建設計) 大野一男・八幡健志
太陽熱集熱・外断熱機能により自然環境と共生する屋根 飯綱山荘(設計:日建設計) 浦一也
棟で対角軸線を強調したオフィスビル最上階の勾配屋根 化学会館(設計:日建設計) 宮本好信
2種類の曲面が複合する屋根での三次元の高度な納まり 野村證券横浜研修センター(設計:野村不動産+山下設計) 筬島亮
項部に換気用の越屋根を持つ直径52mのドーム状大屋根 仙台勤労者職業福祉センター(仙台サンプラザ)(設計:山下設計) 中野正義
敷地の傾斜を利用し片流れ・ドーム・キャノピーを複合 天城にっかつゴルフ倶楽部(設計:山下設計) 中野正義
銅板葺ヴォールト屋根を雁行型に配置したプランニング ザ・クイーンズヒルゴルフ倶楽部(設計:MHS松田平田) 室井一雄
二次・三次漏水防止機構を持つオフィスビルのS造屋根 三正富士見ピル(設計:MHS松田平田) 室井一雄

通巻 No.515
発売日 1993年5月1日
コード 雑誌03326-05
判型・頁 A4判・208頁
価格 \3,883+税
販売価格(税込) 4,194 円
 
関連カテゴリ:

構造

月刊建築技術 > 増刊

増刊

個  数

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ