書籍

高断熱・高気密バイブル

商品コード: 90
高断熱・高気密バイブル
南雄三 著
高断熱・高気密住宅の技術アドバイザー・評論家である著者が, “高断熱・高気密という言葉をもう消滅させたい”という。その真相は何か?内断熱vs外断熱を惑わす論理が賑わしい今日,迷える読者を救う正論のバイブル。

【本編】
●まえがき
●第Ⅰ章-誤解呼ぶ言葉「高断熱・高気密」
意味をもたない住宅断熱
のろいぞ日本の住宅省エネルギー
いい加減に日を覚ましたら
誤解-その一
ナミダダケ事件
誤解-その二
●第Ⅱ章-住宅の不健康は二つの愚かではじまった
日本は採暖・西洋は暖房
日本の寝床は無窓の部屋
夏の部屋,冬の部屋
環境効率は何倍?
二つ目の愚か
●第Ⅲ章-日的は健康な家づくり
省エネ・快適よりまずは健康
不健康を招く/水=結露
小さな熱で全室暖房
内部結露の二つの要因
壁の中で行き場のない水蒸気
通気工法
透湿壁工法
最大の防湿は高気密
夏場の逆転結露
外張断熱で防ぐ
●第Ⅳ章-換気計画は高気密が鍵
換気不信
温度差換気
換気の原則
隙間風は換気ではない
換気と気密の関係
自然換気
高気密化して穴をあける
四つのバランスづくり
●第Ⅴ章-高断熱・高気密の快適・不快・ミス
小さな生活熟と自然エネルギーが生きる
快適性の科学
快適モヤシ論
熱を感じない暖かさ
寒冷地の生活を変える
床暖房が欲しいのはなぜですか
夏も涼しいがミスしやすい
高気密下の静寂と騒音
過乾燥
●第Ⅵ章-エコハウスへのステップ
環境共生住宅とは何か
環境共生住宅施策
自然エネルギー利用と高断熱・高気密
パッシブソーラーハウス
窓を開けて窓を覆う
影を薄くしたソーラーハウス
ソーラーは断熱・気密が健をにぎる
南雄三流パッシブ
●第Ⅶ章-開けたり閉めたり
あなたはどちら?
●第Ⅷ章-高断熱・高気密住宅をつくるのは誰?
普及してもいないのに工法乱立
アイデア一杯の本州・基本の北海道
外張断熱の壁体内通気
誰がつくってくれるのか
デザインで選択
住まい方・注意点
健康と快適のバランス
●おわりに
【技術編】
熱を伝える三要素
熱用語
換気用語
気密測定
断熱要素
断熱素材
断熱構造
断熱施工
充填断熱の気密施工
外張断熱の気密施工
気密部材
天然系断熱材
プラ系断熱材のフロン問題
充填断熱は変則
充填断熱vs外張断熱
基礎断熱
窓の矛盾
断熱サッシのいろいろ
開閉のいろいろ
断熱ガラス
遮熱ガラス
窓の付属部品
窓の断熱性能
高断熱・高気密は暑い?
室内空気汚染とは
室内空気汚染物賛・許容基準
計画換気の原則
換気の種類
温度差換気
必要な換気量
排気型換気
熱交換換気の仕組み
熱交換換気空調
熱交換vs排気型
自然換気の可能性
快適暖房
暖房のいろいろ
断熱リフォーム
オール電化
性能チェック
次世代省エネルギー基準 目的
次世代省エネルギー基準 適用項目
次世代省エネルギー基準 性能規定
次世代省エネルギー基準 性能規定値
次世代省エネルギー基準 仕様規定
次世代省エネルギー基準 開口部
次世代省エネルギー基準 換気計画
次世代省エネルギー基準 自然換気
高断熱・高気密を活かせない間取り
高断熱・高気密を活かす間取り
暖房計画
冷房計画
高断熱・高気密を活かす涼房計画
換気計画
Q値,年間暖房冷房負荷
南雄三邸再生工事
空気線図
コスト
断熱材メーカー一覧表
窓メーカー一覧表
換気メーカー一覧表
気密材・その他メーカー一覧表
暖房メーカー一覧表
乾燥木材
次世代省エネ基準適合住宅評定取得者

発売日 2000年5月15日
判型・頁 A5判・224頁
コード ISBN4-7677-0090-6
価格  \2,200+税
販売価格(税込) 2,376 円
 
関連カテゴリ:

書籍

省エネ・住宅

個  数

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

オススメ商品

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ