書籍

よくわかるコンクリート建物のひびわれ

商品コード: 97
建築技術のQ&A対策シリーズ01 よくわかるコンクリート建物のひびわれ

岡田晢 著

本書では,コンクリート建物のひびわれについて,束ねられる対策一つひとつについての解説と,束ね方(対策の組合せ方)のヒントについて述べており,ひびわれ対策はこれらの応用によることになります。体系的にひびわれ対策を束ねる方法もありますが,それをすべての建物に当てはめるには無理があり一律には決められません。建物を設計する段階で,個々の建物にそれぞれの束ね方,すなわち建物ごとのひびわれ対策方針が生まれ,それを理解して施工することが重要です。RC造の設計・施工に取り組む前に一読をお薦めします。
●ひびわれの発生状況とその要因
Q1 コンクリートの建物は,なぜひびわれが発生するのですか?
Q2 ひびわれの要因を大別すると,どんなものがありますか。また最も大きい要因は何ですか?
Q3 ひびわれを見て原因を推定することができますか?
Q4 ひびわれはどの程度の大きさまで許容されますか?
Q5 コンクリートはなぜ乾燥すると収縮するのですか?
Q6 乾燥収縮ひびわれの特徴は何ですか?
Q7 ひびわれクレームは,どのようなものがありますか?
Q8 セメントの種類によって,ひびわれの発生量が変わりますか?
Q9 外壁に発生したひびわれの幅は,経年でどの程度変化しますか?
Q10 ひびわれは,温度・湿度の影響でどの程度変動するのですか?
Q11 ひびわれが多い建物と少ない建物があるようですが,なぜですか?
Q12 窓のコーナーにひびわれが発生しますが,なぜですか?
Q13 1階の腰壁にひびわれが多く発生しますが,なぜですか?
Q14 デッキプレート床はひびわれが多いと聞きますが,なぜですか?
Q15 倉庫・工場などの土間にひびわれが多いのは,なぜですか?
Q16 パラペットに細かいひびわれが多く発生しますが,なぜですか?
Q17 コンクリートの乾燥収縮は,コンクリートのひびわれ以外の不具合の原因にならないのですか?
Q18 厚いスラブや壁に亀甲状(網状)にひびわれが発生するのは,なぜですか?
●設計段階での対策
Q19 ひびわれ対策には,何がありますか?
Q20 ひびわれ対策の手順は,どのようにするのですか?
Q21 鉄筋コンクリート構造物の拘束を緩和させるには,どんな方法がありますか?
Q22 誘発目地を入れる場合の間隔・位置は,どのようにしたらよいですか?
Q23 誘発目地の断面形状は,どのようなものが適当ですか?
Q24 斜め誘発目地は,どのように入れるのですか?
Q25 外壁に誘発目地をとると,外壁の耐震性が低下しますか?
Q26 誘発目地に用いるシーリング材は何が適当ですか?
Q27 コンクリートの内部拘束力増強には,どんな方法がありますか?
Q28 有害なひびわれ幅以下にするには,鉄筋比をどのくらいにすればよいですか?
Q29 壁を厚くすればひびわれは少なくなりますか?
Q30 窓の両側に誘発目地を設けたくないのですが,どうしたらよいですか?
Q31 かくし誘発目地は,どのように造るのですか?
Q32 建物端部に発生する斜めひびわれには,どんな対策をとればよいですか?
Q33 屋根およびスラブのひびわれ防止対策のポイントは何ですか?
Q34 バルコニーなど持ち出し部分のひびわれ誘発目地は,どのように入れるのですか?
Q35 防水押さえコンクリートのひびわれ対策は,どのようにすればよいですか?
Q36 断熱防水はひびわれ対策に有効ですか?
Q37 その他設計段階でのひびわれ対策は,どのようなものがありますか?
Q38 外壁仕上げ材がゴム弾性系の吹付けタイルの場合,ひびわれ対策は不要ですか?
Q39 壁の誘発目地の効果が期待どおり得られなかったのですが,なぜですか?
●コンクリート調合でのひびわれ対策
Q40 ひびわれ低減のためにコンクリートについては,どんな点に注意すればよいですか?
Q41 ひびわれを防止するためには,単位水量をどこまで減らせばよいですか。また,単位水量を減少させるには,どんな方法がありますか?
Q42 ひびわれ対策に有効な混和材科には,どんなものがありますか?
Q43 コンクリートの膨張材の効果は期待できないのですか?
Q44 コンクリートの水和熱によるひびわれ防止には,どんな対策がありますか?
Q45 アルカリ骨材反応を防止するには,どんな対策をとればよいですか?
Q46 軽量コンクリートはひびわれが少ないと聞きましたが,本当ですか?
Q47 コンクリートの配合で,ひびわれをなくすことはできないのですか?
Q48 コンクリート中の塩化物とひびわれは関係ありますか?
●施工段階でのひびわれ対義
Q49 施工段階でのひびわれ低減には,どんな対策がありますか?
Q50 分割打設はひびわれ低減上なぜ有効なのですか。またどのような方法がありますか?
Q51 コンクリートを垂直に打継ぐ場合,どの位置が適当ですか。またそれはなぜですか?
Q52 鉄筋のコンクリートかぶり厚さとひびわれは,関係がありますか?
Q53 コールドジョイントを造らない打設はどうしたらよいですか?
Q54 散水養生はひびわれ低減に,どのような効果がありますか?
Q55 型枠支保工の早期解体が可能となりましたが,ひびわれ発生の問題はありませんか?
Q56 ジャンカ(豆板)や空洞,沈みひびわれの防止は,どうすればよいですか?
●ひびわれが発生してしまった後の処理
Q57 仕上げ前に発生したひびわれは,どのように補修すればよいですか?
Q58 誘発目地の位置がずれてしまいました。どのように直したらよいですか?
Q59 タイルの伸縮目地と躯体の誘発目地の位置がずれてしまいました。どう処置すればよいですか?
Q60 外壁が吹付けタイル仕上げになっている場合,ひびわれの補修はどのようにするのですか?
Q61 外壁がタイル張り仕上げの場合のひびわれ補修は,どのようにするのですか?
Q62 梁やスラブのひびわれは,どのようにして補修するのですか?

発売日 2003年6月30日
判型・頁 A5判・176頁
コード ISBN978-4-7677-0097-3
価格 \2,500+税
販売価格(税込) 2,700 円
 
関連カテゴリ:

書籍

RC(SRC)

個  数

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

オススメ商品

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ