書籍

建築物の不具合を防ぐノウハウ

商品コード: 121
建築物の不具合を防ぐノウハウ 工事管理のための技術ファイル

岡田晢 著

施工管理を効率的にするためには,当たり前のことを熟知して,計画の段階から正しく優先順位を決め,きちんと品質管理をして,手戻りのないようにすることが大切である。本書は,外壁が剥がれた,壁がひび割れたなど不具合を防止する観点から,建築物の最も基本的な品質に関わる7つの工事を対象に,基礎的な技術知識および検討事項・対策をシート形式で解説している。設計・施工現場に必携の書。

●はじめに
●第1章 品質管理について
●第2章 工事管理のチェックリスト
型枠工事
鉄筋工事
コンクリート工事
左官工事
タイル工事
壁面防水工事
屋根防水工事
●第3章 工事別シート
型枠工事
01 型枠工法安全上の注意点
02 躯体の寸法・形状
03 壁型枠(せき板)材料
04 ひび割れ誘発目地
05 構造スリット材の選定・施工上の注意点
06 打継ぎ目他
07 コンクリート躯体の空洞・ジャンカ・コールドジョイント防止
08 型枠掃除口・隙間ふさぎ
09 CD管の配管
10 アンカーへの配慮
11 駄目穴の注意点
12 型枠精度
13 型枠の存置期間・解体
鉄筋工事
14 材料の種類確認
15 かぶり厚さ確保
16 納まり要検討部位
17 起こりがちな配筋不具合
18 スペーサー計画
19 溶接継手
20 ガス圧接検査
21 PC板の鉄筋かぶり厚さ管理など
22 かぶり厚さの非破壊検査
23 差し筋とあと施工アンカーについて
24 コンクリート表面の錆・汚れの付着防止
コンクリート工事
25 コンクリートの強度は水セメント比で決まる
26 連行空気の効果
27 配合とばらつき
28 コンクリートの乾燥収縮ひび割れ対策
29 管理材齢の延長
30 コンクリートの発注と調合の検討
31 配合報告書の見方
32 コンクリートの品質検査
33 現場におけるコンクリートのスランプチェック
34 打継ぎ部分の処置
35 打設計画
36 締固め・表面仕上げ
37 バイブレータがけ
38 空洞・ジャンカ・コールドジョイント防止
39 SRC造の空洞・ジャンカ・コールドジョイント防止
40 コンクリートに加水は厳禁
41 沈みひび割れ・初期乾燥収縮ひび割れの防止
42 コンクリート外壁のシール目地
43 コンクリート骨材が原因の不具合
44 コンクリート打設後の養生
45 施工中のひび割れ処置
46 コールドジョイントの補修
47 ジャンカ・空洞の補修
48 コンクリート躯体の成形補修
49 打放しコンクリートの補修
左官工事
50 下地コンクリート面の処理
51 モルタル塗りの伸縮目地
52 外壁モルタル塗り工法
53 床のモルタル塗り
54 内壁モルタル塗りとGL工法
55 モルタル塗り前後の注意点
タイル工事
56 タイルについて
57 外壁タイル張り下地の処理
58 外壁タイル張り工法
59 外壁タイル張りの伸縮目地
60 外壁タイル張りの検査
61 内装タイル張り
62 床タイル張りの下地コンクリート面処理
63 床タイル張り工法
64 床タイル張りの伸縮目地
65 床タイル張りのエフロレッセンス防止
66 タイルの目地詰めおよび伸縮目地のシーリング
67 タイル張りの洗い
壁面防水工事
68 サッシの止水について
69 不定形弾性シーリングについて
70 サッシ・ガラリまわりの止水について
71 サッシ下端の防水層納まり
72 PCa型枠内の排水など
73 塗膜防水材の施工管理
74 斜め壁の防水と剥落防止処置
屋根防水工事
75 防水下地について
76 外断熱工法について
77 ルーフドレインの位置
78 構造スリットと防水層の取合い納まり
79 コンクリートのパラペットの防水
80 アスファルト防水押さえコンクリートについて
81 防水立上り部などの納まり
82 防水層の施工管理
●参考文献

発売日 2008年12月4日
判型・頁 B5判・288頁
コード ISBN978-4-7677-0121-9
価格 \4,000+税
販売価格(税込) 4,320 円
 
関連カテゴリ:

書籍

施工

個  数

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ