月刊建築技術

月刊建築技術 2011年2月号

  • NEW
  • オススメ
商品コード: 201102
●特集 伝統的構法による木造住宅の性能検証-建物・材料の性能と実例
監修 大橋好光
伝統的構法による木造住宅に関する調査・実験が数多く行われ,その性能の検証が行われている。本特集は,本誌の昨年12月号特集の姉妹編で,「性能検証と設計法作成」の旧委員会の成果を中心に構成している。実務者へのアンケート等で明らかになった伝統的構法の多様性,および伝統的構法で用いられる材料の特性,そして,実物大震動台実験やそれに関連する研究などを紹介する。また,別途行われた,柱脚を固定しない実験からわかったことを整理する。最後に,伝統的構法による実践例を取り上げ,その構法・構造の工夫を紹介する。
Ⅰ.伝統的構法と設計 大橋好光
Ⅱ.伝統的木造住宅の構法
構法の地域特性 松留愼一郎
構法の軸組架構 松留愼一郎
Ⅲ.伝統的構法に特に用いられる材料の特性
乾燥方法と部材の干割れ 槌本敬大・津田千尋
天然乾燥材の生産 鈴木圭・槌本敬大
広葉樹(ケヤキ)製材の曲げ強度 長尾博文
節,目切れ等が垂れ壁付き独立柱の構造性能に及ぼす影響 向坊恭介・須田達
節,目切れ等が構造性能に及ぼす影響-通し柱の場合- 津田千尋・槌本敬大
貫の寸法と柱の背割りが貫構造耐力壁の構造性能に及ぼす影響 向坊恭介・須田達
背割りが長ほぞ差込栓接合部の構造性能に及ぼす影響 槌本敬大
Ⅳ.実物大実験棟の検証~E-ディフェンスの実物大震動台実験など~
実物大住宅の性能検証実験の概要 大橋好光
A棟(地域型) 清水秀丸
B棟(都市近郊型) 向坊恭介
E-ディフェンス軸組躯体の静加力試験 大橋好光・加川啓介
A棟B棟の要素実験
A棟の接合部 大橋好光・山本英司
B棟の接合部 荘所直哉
A棟B棟の構面実験 前川秀幸・的野博訓
検証用鉛直構面の性能 照井清貴
柱曲げ試験 三芳紀美子
実大実験と要素実験
静加力実験と要素実験 大橋好光・加川啓介
震動台実験と要素実験 大橋好光・甲州大祐
Ⅴ.垂れ壁付き独立柱構面の振動台実験 河合直人
Ⅵ.伝統的構法による木造住宅の実践例
渡りあご構法 丹呉明恭
土壁 高橋昌巳
填め込み式板壁中貫工法 菅野照夫
落し込み式板壁工法 渡邊隆
光格子による木組の家 宮越喜彦
枠の内構法 島崎英雄
土佐派の家-土着の手法- 山本長水
小径木挟み梁構法 川端眞
足元開放の貫工法 古川保
石場建て土壁の家 綾部孝司
●architectural design
ホキ美術館 山梨知彦・中本太郎・鈴木隆・矢野雅規/日建設計
技術と芸術の直結 山梨知彦・中本太郎・鈴木隆・矢野雅規
ギャラリー計画 山梨知彦・中本太郎・鈴木隆・矢野雅規・本間睦朗・小林弘造・水谷周
構造計画 向野聡彦・朝川剛
施工計画 谷口英武
●特別記事
地震国日本の建築物に求められる 免震+PC圧着関節工法 黒沢亮太郎・藤原孝宏,協力 松崎育弘・中野清司
カナダツガ製材を用いた木造軸組工法建築物の構造性能 三宅辰哉
耐震診断の意図とJ-耐震開口フレームを用いた改修例 手塚純一
●連載
病院建築──スペシャリストへの道 第2回 病院の全体計画-1 藤田衛
建築基準法の抜本的見直しのために 第2回 1996年気象庁震度階大改訂から「耐震基準」改定は喫緊の課題 北村二郎
新時代を拓く最新施工技術 第16回 多段拡径場所打ちコンクリート杭工法 若井修一・平井芳雄
高速道路の建築技術 第17回 事務所用施設と雪氷用施設 古賀仁也・信定稔久
わたしの技術伝承ノート 第19回 マンションへの直結給水普及期における水道事業体規準の多様性 仲村元秀
一言居士 物を造りだす人 冨田知己
OVERSEAS TOPICS ポルトガルの巨大教会Most Holy Trinity Churchの構造
ザ・ブックス 東京大学建築学科難波研究室活動全記録 東京大学建築学科難波和彦研究室 著,北山恒 評
Column
建築系学生のための実習型木造建築学 大橋好光
コロキウム構造形態の創生と解析2010「形態創生コンテスト」レポート 永井拓生
「風景」への眼差し 第6回景観・デザイン研究発表会シンポジウム 西村浩
BRI news&topics 国土技術政策総合研究所における平成23年度の重点研究に関する予算決定の内容について
読者コーナーQ&A 鉄筋コンクリート造の柱頭(最上階)の定着について 篠崎洋三・宮原貴昭
TECHNICAL View
垂直方向の計画要素を取り入れた集合住宅の実現と今後の展開
CFT造柱にスランプ21cmのJISコンクリートを使用
建物解体現場で発生する廃棄物選別作業のロボット化
再生骨材コンクリートを実構造物に適用
人間の腕の動きに近づいた双腕型解体重機
建造物への落書き・貼り紙抑制防止工法
20m制限地区で7階建を実現する集合住宅の設計システム
住戸基本性能を維持しながら建設資材縮減を目指すシステム
輻射空調の冷温水管をスプリンクラー配管として使用
概算CO2算定システムによる施工時の環境技術提案
複数のVOCガスを同時に処理するカスタマイズ可能な空気清浄装置

通巻 733号
発売日 2011年1月17日
判型・頁 B5判・218頁
コード 雑誌03325-02
価格 \1,762+税
販売価格(税込) 1,903 円
 
関連カテゴリ:

月刊建築技術

木造

個  数

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

オススメ商品

月刊建築技術 2010年12月号

月刊建築技術 2010年12月号

価格(税込) 1,903 円

国土交通省が設置した「伝統的構法の設計法作成及び性能検証実験」委員会で行われた平成20年度から2年間の研究成果を中心に,伝統的構法による木造建物の設計法の考え方・可能性をまとめる。

建築技術別冊6 木造住宅の構造設計[改正基準法と品確法]

建築技術別冊6 木造住宅の構造設計[改正基準法と品確法]

価格(税込) 2,057 円

2000年の建築基準法改正,品確法の施行により,木造の構造設計は今後どうなるのか。本書は木造住宅の構造設計に関連する基準法,品確法を盛り込み解説を行う。設計者・施行者にとって完全保存版となる一冊。

月刊建築技術 2010年6月号

月刊建築技術 2010年6月号

価格(税込) 1,903 円

建築に木をどこまで使えるようになったのかを解説。公共建築物から住宅まで,仕上げ・架構に木材をどこまで使えるようになったのか,構造・耐火・耐久性等の研究成果を紹介し,木を多用した建築物の実例を紹介する。

月刊建築技術 2009年10月号

月刊建築技術 2009年10月号

価格(税込) 1,903 円

「長期優良住宅法」の考え方と性能項目の解説を行い,それに関連した制度の解説を行う。また,Q&Aにより,性能項目についての具体的な対策を解説する。

月刊建築技術 2009年5月号

月刊建築技術 2009年5月号

価格(税込) 1,903 円

学術的な最新の研究成果を採り入れ,大幅な解説が加えられた「木造軸組工法住宅の許容応力度設計」2008年版の変更点や追加項目を解説し,その背景と技術的な疑問点までを解説する。

月刊建築技術 2008年11月号

月刊建築技術 2008年11月号

価格(税込) 1,903 円

木造住宅の構造設計に馴染みのない意匠設計者,構造設計者を対象に,構造計画の初歩から解説を行い,基本知識と実務上の課題を解説する。よくある構造計画上の疑問点を取り上げ,実務に役立つ考え方を解説する。

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ