月刊建築技術

月刊建築技術 2009年9月号 CPD2単位

商品コード: 200909
●特集 土・地盤の学問から学ぶ建築基礎設計
監修 二木幹夫
建築学科のカリキュラムには「土質力学」や「地盤工学」について学ぶ機会が少なく,構造設計を目指す学生でも,選択科目でしかこれらの学問の内容を学ぶことが困難な現状です。規模を問わず建築物には基礎構造があり,地盤の特性を考慮した適切な設計をしなければなりません。超高層建物でも,中低層建物でも基礎構造をうまく計画・設計するかによって,コストに大きな差が出ます。また,基礎地盤を含めた検討をしなければ,より耐震性の高い建築設計などに不安を残すことになりかねません。戸建住宅でも,瑕疵における原因の一つは宅地・地盤・基礎に関係しています。これらを解決するには,構造設計者,建築技術者もこれらの学問に馴染んでおくことが肝要です。今回の特集は,建築技術者には馴染みの薄い土・地盤の学問の基礎知識と,これらの学問から学ぶ建築基礎設計を紹介します。
総論 建築構造設計に必要な土・地盤の知識 二木幹夫
知っておきたい土・地盤・基礎設計のキーワード
地盤・基礎のわかる技術者を目指して 石井雄輔
[土質力学の基本]
土地利用の変遷 八嶋厚
土の分類 八嶋厚
物理的性質 八嶋厚
せん断強さ 八嶋厚
変形特性 八嶋厚
圧密特性 八嶋厚
土圧特性 八嶋厚
地下水 八嶋厚
地盤内応力 八嶋厚
液状化・側方流動 八嶋厚
[地盤調査]
地盤調査法 田部井哲夫
土質試験法 田部井哲夫
地盤・基礎の設計に必要な地盤定数 田部井哲夫
地盤調査計画の立て方 田部井哲夫
地盤調査結果の見方(ボーリング柱状図) 辻本勝彦
地盤調査結果の見方(土性図) 辻本勝彦
地盤調査結果の見方(試料の乱れ) 辻本勝彦
地盤調査結果の活かし方(地盤モデル化の考え方) 辻本勝彦
[支持力]
地耐力 眞野英之
杭の支持力 眞野英之
水平抵抗 眞野英之
液状化地盤 眞野英之
載荷試験 眞野英之
[沈下]
即時沈下・圧密沈下 佐原守
沈下量の評価 佐原守
[抗土圧]
山留め・地下水処理 元井康雄
擁壁・地下外壁 二木幹夫
根切り底面の安定 石井雄輔
補強土,地盤アンカー,矢板系土圧構造物 渡辺健治
[地盤安定,その他]
傾斜地にある宅地の安全性(斜面災害と斜面安定) 榎明潔
傾斜地基礎の安定 榎明潔
傾斜地基礎の沈下・排水 榎明潔
盛土の滑動崩落 久世直哉
締固め特性 谷和夫
軟弱地盤 谷和夫
地盤改良 大西智晴
特殊基礎 長尾俊昌
動的解析 若井明彦
設計段階の地盤環境問題 青木雅路
土壌汚染 青木雅路
建築基礎設計における土質力学の役割
[杭基礎]における土質力学・地盤工学の役割 日下部治
[直接基礎]における土質力学などの役割 末政直晃
[戸建住宅]における土質力学などの役割 高田徹
[擁壁]における土質力学・地盤工学の役割 古関潤一
[傾斜地]における地質学・土質力学の役割 榎明潔
[液状化判定/対策]における土質力学などの役割 新井洋
[地下水の評価/処理]における土質力学などの役割 清水孝昭
建築設計者が知りたい土質・地盤のQ&A
液状化の際の地盤の解析方法は 社本康広
軟弱な地盤の液状化解析のせん断ひずみと減衰定数の評価方法 社本康広
試験位置の選定方法 辻本勝彦
現場打ち杭の支持力の最大値(都審査要領による東京礫層等の上限値) 春原匡利
盛土層は支持層にできるのか 藤井衛・伊集院博
被害例とその対策 高森洋
擁壁の地震時土圧への対応方法と杭基礎の使用について 二木幹夫
地盤の支持力算定式の寸法効果,荷重の傾斜に関する低減率 青木雅路
地盤と工法の相性について 林隆浩
地盤ばねの設定方法について 長尾俊昌
片土圧を受ける建物の保有水平耐力の検討(片土圧を受ける建物の耐震性の照査) 西村昭彦
地盤・杭・建物の一体モデルの実施例 渡辺一弘
液状化をしそうな地盤がある場合,本当に危険かを判断する方法 新井洋
粘性土地盤を支持層にする場合の土質試験方法 田部井哲夫
砂・砂礫・粘土などが複雑に混じりあう層の評価方法 田部井哲夫
●architectural design
座・高円寺 伊東豊雄建築設計事務所
小屋をつくる 東建男
劇場ができる高円寺 佐藤信
構造計画 佐々木睦朗・鈴木健
施工計画 長門徹郎
建築と設備の組合せ方法 南井克夫
遮音・音響計画 福地智子
家具デザイン 藤江和子
照明計画 東海林弘靖
●特別記事
Inter View 包括的なソリューションの提供 ピウス バスケラ
既存地下変電所を残置し,上部に超高層ビルを増築 住友不動産神田ビル2号館 寺田隆一・常木康弘・小板橋裕一・風間宏樹・門脇登・三原幹雄・大塚隆・尾形賢一・山田竜也・竹内誠・中根博
「世代継続する地震に強いまちづくり」とその展開 その4 田中礼治
●連載
わたしの技術伝承ノート 第2回 WPC造系建物等の初物研究・開発の経験 吉田宏
うさぎのつぶやき 第9回 品質不在???海外調達 良品の海外製品を確保するために 赤坂うさぎ
構造デザインの歩み 最終回
No.68 開閉する3次元曲面の鋼板シェル/リゾナーレ ガーデンチャペル“ZONA” 木内達夫・佐藤淳
No.69 新しい建築表現を切り開く共同作業のかたち/MIKIMOTO Ginza2 早部安弘・南公人
No.70 水都大阪の歴史と現代を結ぶ建築/大阪弁護士会館 徳田幸弘・萬田隆
No.71 「連結」が生む新しい構造システム/洗足の連結住棟 金田勝徳・与那嶺仁志
一言居士 建築技術の進歩と技術の伝承 石堂修次
OVERSEAS TOPICS 英国における建築火災工学の変遷
ザ・ブックス 団地再生まちづくり2  団地再生産業協議会・NPO団地再生研究会・合人社計画研究所 著,阿部順子 評
Column
「杉山英男記念館」が一条工務店浜松本社内に開設 平野茂
社団法人日本バリュー・エンジニアリング協会主催「2009年訪米VM/VE研究調査団」報告レポート 松田節夫
展示とそれを包み込む建築の体験 建築家 坂倉準三展 小口亮
読者コーナーQ&A 高架柱の補強について 津吉毅
BRI news&topics 建築研究所による地震災害軽減に向けた最近の取り組みについて
TECHNICAL View
アスベスト除去の作業安全と効率を高めた新工法の開発
高拡底杭・高強度に対応した場所打ちコンクリート拡底杭
業務をWeb上で一括管理する地盤受発注・管理システム
躯体構築を1フロア3日サイクルとする超短工期施工を実現
既存建物の外壁改修工事を効率よく安全に行う工法の開発
超高層ビルの低層部に大空間をつくる国内最高強度CFT柱の開発
沈埋トンネルの最終継手を省略する工法の開発
薬剤投入速度を調整する制御技術の開発
切り土法面の全面緑化を可能にする安定化工法
環境に配慮した整備ハンガー 成田国際空港に新設
掘削面のスケッチ作業を省力化する支援システムの開発
コンクリート表層部を迅速に診断するコンパクトなシステムの開発
コンクリート構造物の鉄筋腐食を非接触で検知するシステムの開発
シールド工事における管理情報の一元化
封じ込め効果を検証する 実験室を活用し性能評価手法を確立

通巻 716号
発売日 2009年8月17日
判型・頁 B5判・210頁
コード 雑誌03325-09
価格 \1,762+税
販売価格(税込) 1,903 円
 
関連カテゴリ:

月刊建築技術

基礎・地盤

個  数

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ