月刊建築技術

月刊建築技術 2008年3月号

商品コード: 200803
●特集 水を制する最適な地下防水
監修 田中享二
地下水を制し,高性能な地下躯体を実現するために,今後主流となる先やり外防水工法。ここでは,先やり外防水工法についてを中心に解説を行う。掘削工事,地下躯体工事と連携して施工するためのポイントと,地下防水についてのQ&A解説を行う。
1.水を制するための地下防水はどう行うべきか 田中享二
2.地下防水工法の基礎知識 岩井孝次
3.先やり外防水工法
地下工事全体からの見直し 岡本肇
先やり外防水の施工方法 岡本肇
地下工事時点での留意事項 久下高豊
4.後やり外防水工法 久下高豊
5.内防水工法・部分防水・二重壁工法 堀長生
6.地下防水の施工例
先やり外防水/ゴムアスファルト系塗膜防水の施工 小林茂
先やり外防水/改質アスファルト系塗膜防水の施工 山中勇人
先やり外防水/非加硫ブチルゴム系シート防水の施工 新井富男
後やり外防水/ゴムアスファルト系塗膜防水の施工 坂野幸広
内防水/シート系防水の施工 山口忠重
7.地下防水Q&A 松田健一・久下高豊
Q1.防水層の耐圧強度は?
Q2.適用される防水層,部位や山留め壁の種類別の工法との組合せは?
Q3.要求される品質とは?
Q4.1日に1人当たり何m2くらいの施工が可能?
Q5.ディープウェルはいつごろ止める?
Q6.地下外壁の保証とは?
Q7.先やり防水の防水層接合部が濡れている場合の施工上の注意点は?
Q8.底部の切梁支柱(中間杭),構台杭に防水層を施工することは可能?
Q9.先やり防水を施工する予定だが,底部の耐圧盤の下側にも防水層は必要?
Q10.先やり防水の連続地中壁下地の平滑性はどこまで必要?
Q11.先やり防水のセパ受け金物はどんな形状がよい?
Q12.先やり防水の施工管理上のチェック事項とは?
Q13.先やり防水での工事中の不具合の原因や補修方法とは?
Q14.先やり防水のグランドレベルでの端部の納まりとは?
Q15.先やり防水において,切梁がある場合の1段目と2段目の防水層はどう施工する?
Q16.塗膜防水構法における塗膜厚みの管理とは?
Q17.後やり防水における施工管理上のチェック事項とは?
Q18.後やり防水の施工する下地が濡れている場合の施工上の注意点は?
Q19.内防水における施工管理上のチェック事項とは?
Q20.内側に施工される2重壁の目的や注意点は? また,どのような材質や工法がある?
●architectural design 1
Sarugaku 平田晃久+吉原美比古
現代の「谷」をつくる 平田晃久
即物性を生み出すディテール 吉原美比古
都市の価値を引き出すためのプロジェクト アールインベストメントアンドデザイン
厳しい接道条件の中での施工 井野智
●architectural design 2
BDS柏の杜 オークション会場 アトリエ・K
オークション会場の機能と建築 杉浦定雄
新しい膜建築の世界を拓く,フローティング・クラウド(浮き雲) 斎藤公男・宮里直也
厳しい諸条件下での施工 白鳥常治
●連載
変貌する外装デザインテクノロジー 第2回 PCカーテンウォール系外装材 タイル打込みPCカーテンウォール ウェッジタイルシステム 野平修・馬場宏
わたしの建築放浪記 第8回 社会に信頼される構造へ 矢野克巳
オトナの都市問題集 第12回
Q22.街づくりと環境保全 織山和久
Q23.バリアフリーは高齢者のため? 織山和久
一言居士 外来語,略語の氾濫 石堂修次
OVERSEAS TOPICS ベルギーの小さな跳ね橋
ザ・ブックス ヴィヴィッド・テクノロジー 小野暁彦,門脇哲也,乾陽亮 編著,腰原幹雄 評
Column
宙に浮く「四角いふうせん」を巡る出来事 「Space for Your Future」展 蜂屋景二
「Architecture of Layers」重層する建築 ハインツ テーザー建築展 北田明裕
走る 走る 彼たち「REALIZE 立脚中国展開世界-迫慶一郎/松原弘典」展 竹内申一
BRI news&topics 平成19年度建築研究所講演会の開催について
読者コーナーQ&A
体育館の構造計算ルートについて 岡田章
駐車場の屋上手すりの設計について 岡田章
TECHNICAL View
世界最大級の中央径間をもつ斜張橋が工事進捗中
低騒音耐震補強工法の対象範囲を拡大
部分免震システムをクリーンルーム内に初適用
小梁が不要なフルプレキャスト床工法
鋼・コンクリート複合形式の新橋梁を開発
効率的なソイルセメント柱列壁を構築する山留め工法
高品質遮水壁築造技術の効果を確認
側壁盛替え工法による開削トンネルの構築技術
損傷を受けたRC柱の補修方法選定フロー
3次元健全性評価が可能なコンクリート非破壊検査技術
オフィス構築の方向性を提示する診断システム
屋上緑化技術を応用した校庭の芝生化技術
剛性・歩行感を向上させた乾式遮音二重床工法
多様な騒音に対して有効な高性能アルミ製吸音パネル
IT機器を雷から守る解析システムを開発
塔状構造物解体システムを北海道内で初適用

通巻 698号
発売日 2008年2月17日
判型・頁 B5判・194頁
コード 雑誌03325-03
価格 \1,762+税
販売価格(税込) 1,903 円
 
関連カテゴリ:

月刊建築技術

施工

個  数

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ