月刊建築技術

月刊建築技術 2005年7月号

商品コード: 200507
●特集 新しい木造耐火建築物の潮流と可能性
監修 菅原進一
木質系構造の耐火設計の可能性と,耐火設計を可能にする材料や部材の技術開発の動向を紹介する。
総論 防火設計の流れと性能評価の現状 菅原進一
各論Ⅰ 木造建築物の防火規制の現状 萩原一郎
各論Ⅱ 木造耐火建築物の耐火設計の考え方 池田憲一
各論Ⅲ 木質ハイブリッド部材の耐火性能 遊佐秀逸
各論Ⅳ 木質系防火材料の現状 宮林正幸
各論Ⅴ 木質系材料を使用した建物の避難安全設計の現状 土屋伸一
各論Ⅵ 伝統的木造建築物の防耐火設計 安井昇・長谷見雄二
各論Ⅶ 木質系住宅の耐火設計 玉川祐司
各論Ⅷ 木質系建材の現状と試み 田坂茂樹
各論Ⅸ 最新の木造耐火建築物の事例
共同住宅で採用した事例 山口修由
木造による準耐火建築物と耐火建築物 伊東洋路
(仮称)世田谷共同住宅プロジェクト 安井昇・大橋好光
金沢エムビル 遊佐秀逸
兵庫県あけのべドーム 三竿修一
JR四国高知駅舎 土屋伸一
結論 木造防耐火構造/技術開発の今後の課題 長谷見雄二
●architectural design 1
LinkS. 高田典夫/Atlier10,architects
透明感のあるPC版構造の集合住宅 高田典夫
構造計画 徐光・安藤耕作
施工計画 木村義男・西田正彦
●architectural design 2
コンフォルト支倉 アトリエ・天工人・OWL
将来の用途変更を考えた建物づくり 山下保博・小瀧弘幸
構造計画 徐光・加藤元樹
PRC+外断熱工法による躯体工事 多田孝一・櫻庭高光・山田英和
●特別記事
「朱鷺メッセ連絡デッキ補強設計の耐力確認試験」に想う 中野清司
●特別企画
外断熱を語る 大宮健司
エレベータ扉の設計 高橋済
環境対応型の防水材 清水市郎
●連載
環境に配慮したコンクリート・ポリマー複合体の使い方とその技術の現状 第7回 ポリマーセメント系塗膜防水材 堀田忠義
光と風の時間 第15回 回転式交差点 小室大輔
新伝統木構法 第21回 新伝統曲げ・軸力系床組,小屋組 増田一眞
記憶に残る,あの1コマ 最終回 アフリカの学校 松村秀一
一言居士 伝統は改革の継続 萩原忠治
OVERSEAS TOPICS 竹を構造材料として使うための国際規格
ザ・ブックス 批評と理論 磯崎新・鈴木博之・石山修武 監修,土居義岳 評
BRI news&topics 独立行政法人建築研究所平成17年度の主な研究開発課題について
読者コーナーQ&A 建物荷重と地反力の関係およびフーチングと接地板スラブについて 真島正人
TECHNICAL View
半透明の型ガラスを用いたカーテンウォールを採用
大スパンのクリーンルームを多層化および免震化
全構造部材をプレキャスト化した超高層RC工法
薄肉PC打込み型枠を応用した耐震補強工法
戸建住宅の基礎を耐震化する基礎再生工法
繊維補強セメント板を用いた乾式外断熱工法
鉄骨梁一部露出型の耐火被覆先付工法
エレベータのたて穴区画に対応した防火遮煙設備
煙層降下時間を正確に予測する簡易計算法を確立
空調省エネ最適化制御システムをビルリニューアルに適用
地元在来種による法面緑化システム
構造物を簡易に診断できる汎用モニタリングシステム
土壌・地下水汚染対策に無人化施工システムを適用
さらに小型化・軽量化した音響・振動計測器
耐候性・耐久性に優れた各種防水材料

通巻 666号
発売日 2005年6月17日
判型・頁 B5判・214頁
コード 雑誌03325-07
価格 \1,762+税
販売価格(税込) 1,903 円
 
関連カテゴリ:

月刊建築技術

構造

木造

個  数

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ