月刊建築技術

月刊建築技術 2005年5月号

商品コード: 200505
●特集 新潟県中越地震を耐震工学で解剖する
監修 田守伸一郎
2004年10月23日に発生した,新潟県川口町付近を震源にした新潟県中越地震での,建物・地盤の被害状況と地震発生後の対応を紹介する。
新潟県中越地震に見る建物・地盤被害の概要 田守伸一郎
地震からの教訓 境有紀
新潟県中越地震の地震特性
新潟県中越地震の地震動と地盤特性 久田嘉章
新潟県中越地震の工学的特性 境有紀
新潟県中越地震にみる建築物等の被害状況
悉皆調査に基づく新潟県中越地震の被害分布 井戸田秀樹・柴山明寛
RC造の被害状況 小林克巳
鉄骨造の被害状況 中込忠男
木造の被害状況 河合直人・槌本敬大
建築物の基礎および宅地の被害状況 田村昌仁・廣野一道・井上波彦・平出務・人見孝・橋本隆雄
非構造部材の被害状況 清家剛・名取発
建築設備の被害状況 赤林伸一・坂口淳
新潟県中越地震にみる免震・耐震改修建物の状況
免震の建築物 鴇田隆・溜正俊
耐震改修の建築物 加藤大介・土井希祐
新潟県中越地震における建築物の地震発生後の対応
被災建築物の応急危険度判定 槌本敬大
地震後の雪氷災害低減のために 高橋徹
建築物被害に伴う機能被害・経済被害と対応 池田浩敬
地震情報とインターネット 山村一繁
地震関連の豆知識
首都圏直下地震の被害想定 翠川三郎
地震動予測地図 藤原広行
●architectural design
金沢21世紀美術館 妹島和世+西沢立衛/SANAA
明るい開かれた美術館 川嶋貫介
構造計画 佐々木睦朗・小西泰孝
施工計画 関塚良和
●特別記事
ガラス防煙垂壁の安全性と教訓 三好清隆
構造デザインMAP2004 空間構造デザイン研究室
市民の共有財産を後世に残す 牛島和果
●特別企画
あと施工アンカーの安全性 田中礼治
社会の良質な建築物の整備に貢献 (社)日本建築あと施工アンカー協会
建築基準法に基づく性能評価 (社)日本免震構造協会
●連載
環境に配慮したコンクリート・ポリマー複合体の使い方とその技術の現状 第5回 タイル張り用接着材 飯塚泉
光と風の時間 第13回 傾いた教会と建築保存 小室大輔
新伝統木構法 第19回 新伝統軸力系床組,小屋組 増田一眞
記憶に残る,あの1コマ 第22回 建築施工のシステム化 松本信二
朱鷺メッセ連絡デッキ落下事故 何故,落ちたのか 最終回 対談 落下原因は「そんなことなの」 川口衞・渡辺邦夫
ザ・ブックス 建築構造計画新技法 中川淳 著,中野清司 評
一言居士 温暖化対策における「ライフスタイル」 澤地孝男
OVERSEAS TOPICS ベルリン・ブランデンブルグ門広場の膜構造モニュメント
BRI news&topics 独立行政法人建築研究所の平成17年度研究開発課題について
読者コーナーQ&A 一貫設計ソフトでの設計について 鈴木幹夫
TECHNICAL View
意匠表現を兼ねた鋼管立体トラスを中部国際空港旅客ターミナルビルで採用
環境振動に対応した上下振動制振システム
鋼板を介して固定する免震用積層ゴムの据付工法
茨城県での地震により免震システムの効果を確認
変位増幅機構を利用した制震装置で一般評定を取得
柔軟な繊維材料による新世代の耐震補強工法
長周期地震の伝播状況を予測する地震波解析システム
コンクリート床の品質確保に舗装技術を採用
柱・梁・床版の炭素繊維補強CRS工法
戸建住宅向けの地中熱利用冷暖房システム
気象予報データを活用する空調制御システム
第三者賠償責任保険を付帯した外壁補修工法
補強効果を向上させた木造梁補強工法
スキップフロアを採用した木造住宅で型式認定取得
先端支持力と周面摩擦力の両方が期待できる杭工法

通巻 664号
発売日 2005年4月17日
判型・頁 B5判・230頁
コード 雑誌03325-05
価格 \1,762+税
販売価格(税込) 1,938 円
 
関連カテゴリ:

月刊建築技術

構造

個  数

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ