月刊建築技術

月刊建築技術 2021年10月号 CPD2単位

  • NEW
商品コード: 202110
【特集】建築分野における情報技術の活用
監修:志手一哉
具体的な事例の紹介を基に,建築分野における情報共有の具体的な方法や情報技術の活用方法を解説し,情報技術の活用における先駆的な取組みを解説する。

Ⅰ.BIMを中心とした建設業における情報技術の活用方法│志手一哉……58
Ⅱ.BIMを取り巻く最新動向
 官庁営繕事業におけるBIMの取組み│国土交通省大臣官房官庁営繕部整備課施設評価室……63
 Project PLATEAUの取組みと建築分野との連携│大島英司……64
 中高層建築物等におけるBIMを活用した木材利用の環境整備│竹本央記+小林真大……66
 建築情報学会の目指すもの│池田靖史……68
Ⅲ.実例で知る情報技術の利活用事例
 国交省BIMモデル事業における竹中工務店のBIM推進│門谷和雄+山崎裕昭……72
 Life Cycle BIM│安井謙介+三戸景資……76
 施工へのBIMデータの受渡しと維持管理BIM作成業務における課題分析│石川隆一+溝手伸彰……82
 ゼネコンと専門工事業者の連携│弘田昌文+菱沼 卓……88
 高度な建築情報を運営に活かすためのプラットフォームb-platformの活用│木下雅幸……92
Ⅳ.実務における情報技術活用のポイント
 BIMを円滑に進めるためのワークフローの再検討│曽根巨充……96
 生産設計におけるコンピュータ・テクノロジーの活用│渡辺健児+石原隆裕+蒔苗寒太郎……102
 鉄筋デジファブから見る情報技術の活用│山本俊輔……106
 設備ダクト製造者との連携│谷内秀敬……108
 BIMを超えた情報技術の活用│堀田憲祐……110
 自動設計が支えるユーザーによる建築計画│津久井森見……114
 工務店とBIMをつなげる取組み│今井亮介……118
Ⅴ.情報技術を活用するための標準化に向けて
 BIMのデジタル情報と法適合判定プログラムによる確認申請事前協議の実現│佐藤 浩……122
 日本初! ISO19650取得の概要と展望│宮内尊彰+三上智大+小川拓真……128
 積算情報の標準化の取組み│山之口靖幸……132

【architectural design】
廣澤美術館│隈研吾建築都市設計事務所……16
古代人のように巨石を積む│隈 研吾……22
庭と建築の境界を消す│服部一晃……22
石と木の美術館│揚原茂雄+佐藤孝浩……30
三つの庭が織りなす鑑賞のための空間│宮城俊作+高橋宏樹……32
巨石と木材による美術館の施工計画│太田宏樹+河辺淳一……34

【記事】
構造デザインMAP2020│空間構造デザイン研究室……42

【連載】
日本の近代建築を支えた構造家たち 第15回 松下冨士雄│竹内 徹……36
清水寺本堂の保存修理工事 第6回 構造調査 その2│江尻憲泰+藤田 実……138
軽量コンクリート1種を用いたCDメッシュ重ね継手・定着工法 最終回 CDメッシュ重ね継手・定着工法設計施工要領書(2021年)│益尾 潔……142
建築関連最新判例の解説 第94回 告示第1446号改正による免震材料検査データの建物存立期間保存の要請に対する一考察│秋野卓生……152
建築 東西南北 第3回 日中建築構造技術交流会について│安部重孝……156
施工者に幸あれ 第118回 本物のTechnologyを守る精神を語る 五十殿侑弘│朝倉幸子……162
自走する構想 第7回 敷地を超える│遠藤克彦……163
一言居士 N値ゼロ?│冨田知己……151
ザ・ブックス 後期近代の建築家像となるボーダーレスな職域│松村 淳 著,濱田 修 評……154

【TECHNICAL View】
一般流通材で大スパン実現新木架構システム……48
微振動から地震動まで対応可能な免震システム……49
場所打ち拡底杭の経済的設計手法……51
音情報を可視化する音響可視化システム……53
リアルタイムで管理可能な工程管理システム……54
コンクリート充填状況をリアルタイムに把握……55

【BRI news & topics】
国土技術政策総合研究所(建築分野)の令和2年度までの研究成果……145

【BUIL TECH】
もりだくさんのホットな製品情報……148
販売価格(税込) 1,935 円
 
関連カテゴリ:

月刊建築技術

構造

施工

設計

個  数

カゴに入れる

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

オススメ商品

月刊建築技術 2020年10月号 CPD2単位

月刊建築技術 2020年10月号 CPD2単位

価格(税込) 1,935 円

【特集】建築生産におけるBIMの活用
監修:志手一哉
建築プロセスを構成するさまざまな分野におけるBIMの現況を網羅的に概観することをとおして,建築生産の将来に何が見えるかを考察する。建築情報の拡張性,その進化に注目する。

【architectural design】
古澤邸│古澤大輔/リライト_D+日本大学理工学部古澤研究室
下高井戸の産婦人科│古澤大輔/リライト_D

月刊建築技術 2019年12月号 CPD2単位

月刊建築技術 2019年12月号 CPD2単位

価格(税込) 1,935 円

【特集】建築技術の情報革命
監修:池田靖史
技術としての情報と建築の革新性に焦点を当て,さまざまな情報技術を紹介し,その活用法を解説する。

【architectural design】
横浜市寿町健康福祉交流センター/横浜市営住宅寿町スカイハイツ│小泉アトリエ
HAKKO NISHINOMIYA│芦澤竜一建築設計事務所

月刊建築技術2017年6月号 CPD2単位

月刊建築技術2017年6月号 CPD2単位

価格(税込) 1,935 円

【特集】
広がるBIMの活用法【施工編】
監修:浦江真人+曽根巨充
BIMの現時点での主に施工においてBIMを活用するための基礎知識からゼネコンや専門工事業者が具体的にBIMによりどのようなメリットを享受できるのかを解説する。

【architectural design】
KTビル│KAJIMA DESIGN
くまもと森都総合病院│松尾建設

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

ページトップへ