ピックアップ

月刊建築技術 2019年8月号 CPD2単位

月刊建築技術 2019年8月号 CPD2単位

【特集】自分でつくろうMy断熱基準
監修:南 雄三
「基準」を見つめなおし,その発展として「自分で基準をつくる」ところまで視野を高める。さまざまな考えで基準と水準がつくられる中で,省エネ基準と省エネ水準の違いと位置づけ,レベル評価の限界を知り,自分でつくるMy断熱基準を模索する。
【architectural design】
追手門学院大学 ACADEMIC-ARK│三菱地所設計

詳しく見る

おすすめ書籍案内

建築構造用語事典Ⅱ

建築構造用語事典Ⅱ

(一社)日本建築構造技術者協会関西支部 建築構造用語事典Ⅱ編集委員会 編著

建築構造においてよく使われる用語を,1用語について3人の執筆者がわかりやすく解説する。初学者にとっては用語の理解に役立ち,実務者には建築主との打合せなどで構造用語を説明する際に役立つ。

詳しく見る

月刊建築技術 2019年5月号 CPD2単位

月刊建築技術 2019年5月号 CPD2単位

【特集】建築設備の基本知識から協働する設計手法を探る
監修:野部達夫
協力:(一社)建築設備技術者協会
建築設計者,構造設計者,施工技術者を対象に,建築設備の基本的な仕組みと建築設計への活用の仕方を紹介し,建築設備設計での意匠・構造・施工との共有ゾーンにおける協働のあり方を解説する。
【architectural design】
香美市立鏡野中学校武道館・プール│鈴江章宏建築設計事務所

詳しく見る

名古屋圏の建築家と建築

名古屋圏の建築家と建築

名古屋圏の建築家と建築編集委員会+
名古屋工業大学伊藤孝紀研究室 編著

名古屋圏の建築家と建築を紹介するシリーズ。明治から現在までの建築家像を紹介し,実際に建築を訪れるための建築ガイドとなる分かりやすい地図と各建築の紹介を掲載。名古屋を訪れる際に必読の一冊。

詳しく見る

月刊建築技術 2019年7月号 CPD2単位

月刊建築技術 2019年7月号 CPD2単位

【特集】設計と施工を結ぶこれからの設計図書情報
監修:浦江真人
発注者,設計者,施工者の間における設計図書情報の正しい伝え方に着目し,情報伝達の主たるツールである設計図書の作成方法や読み方について解説する。

【architectural design】
東京音楽大学中目黒・代官山キャンパス│日建設計・戸田建設一級建築士事務所設計共同体
須坂双葉幼稚園│アトリエ9建築研究所

詳しく見る

フジイ流RC造の躯体工事における品質監理の極意

フジイ流RC造の躯体工事における品質監理の極意

藤井良一 著

著者が長い経験の中で撮影してきた現場記録写真は,コンクリート工事を行う段取りや納め方を,工事を請け負った工事会社の社員や職長たちと現場事務所において確認する際に役立っている。本書は,コンクリート工事に携わるすべての施工者,建築設計者に向けて,実務で困ったときに役立てられるよう,現場記録写真を工事ごとに整理し,ビジュアルな誌面構成で解説する。

詳しく見る

月刊建築技術 2018年10月号 CPD2単位

月刊建築技術 2018年10月号 CPD2単位

【特集】木造建築物の防・耐火設計の早わかり
監修:河野 守+萩原一郎
木造建築物の防・耐火設計において,何が問題となり,どのように対処したらよいのか。木造建築物の防・耐火設計を,構造設計者が理解できるようにわかりやすく解説し,優れた設計事例を紹介する。

【architectural design】
松尾建設本店新社屋│松尾建設,荒川ビル│日建設計

詳しく見る

断熱建材ガイドブック

断熱建材ガイドブック

断熱建材協議会 著

断熱材の断熱材関係団体と,開口部の開口部材を供給する関係団体から構成される断熱建材協会が,各種断熱材の性能特性や開口部の熱的性能特性を平易に解説している。さらに,断熱建材の断熱設計計画や開口部の設計,施工計画では部位別の施工方法を解説している。省エネ住宅に取り組むハウスメーカー,ホームビルダー,工務店などの設計・施工の実務者を対象とした,省エネ住宅をつくる手引書。

詳しく見る

月刊建築技術 2019年2月号 CPD2単位

月刊建築技術 2019年2月号 CPD2単位

【特集】設計者が知るべき木造建築物の腐朽・蟻害対策の勘所
監修:中島正夫
木造建築物の腐朽・蟻害対策に着目し,腐朽・蟻害の基本と設計を行ううえで配慮すべき事項を中心に解説し,具体的な設計事例を通して実際の納まりや設計上の注意点を解説する。

【architectural design】
Overlap House│平田晃久建築設計事務所

詳しく見る

新着情報

☆★☆ 新着情報はRSSで配信しています。★☆★

2019年07月18日
【建築構造用語事典Ⅱ 訂正とお詫び】
『建築構造用語事典Ⅱ』で,誤記および脱落がありました。訂正してお詫び申し上げます。

[148頁7行目]
誤) keil  正) keel

[執筆者紹介追記]
中川幸洋 (なかがわ ゆきひろ)
㈱福井建築設計事務所
2019年07月05日
セミナーのお知らせ
セミナー「My断熱基準をつくろう」が開催されます。
本セミナーは、南雄三様監修の「建築技術2019年8月号 特集:自分でつくろうMy断熱基準」をテキストにして行われます。
●講師:南雄三、北川滋春
●日時 2019年9月4日(水) 13:30~17:00
●会場 フォーラム・ミカサ・エコ8階(東京都千代田区内神田1-18-12 内神田東誠ビル
●定員 70名
●受講料 5,000円(建築技術2019年8月号持参は3,000円)
       会員4,000円(建築技術2019年8月号持参は2,000円)
●申込先 to事務局・日精プラステック 馬場 sg.baba@c-serve.co.jp ファクシミリ03-5695-7821
●問合先 日精プラステック tel.03-5695-7815
2019年06月19日
【世界の構造デザインガイドブックI 訂正とお詫び】
『世界の構造デザインガイドブックI』内の表記に誤りがありました。訂正して,お詫び申し上げます。
95頁 右段10行目
誤)1900  正)1889
95頁 右上写真のキャプション
誤)1900  正)1889
2019年04月17日
【建築士のための擁壁設計入門 訂正とお詫び】
『建築士のための擁壁設計入門』内の表記に誤りがありました。訂正し詳しくは、リンク先(http://www.k-gijutsu.co.jp/user_data/packages/default/pdf/161.pdf)の正誤表をご参照ください。
2019年02月11日
【月刊建築技術2019年1月号 訂正とお詫び】
85頁の本文左段20行目から本文右段1行目で、文章が一部抜けておりました。訂正して、お詫び申し上げます。
誤)施主にフィルターの掃除を指導するだによる換気量不足が問題になるときを迎えている。
正)施主にフィルターの掃除を指導するだけで終わり,施主はそれを怠り……メンテナンスの不備による換気量不足が問題になるときを迎えている。
2018年05月30日
月刊建築技術2018年6月号 訂正とお詫び
89頁の図1中で表記に誤りがありました。訂正して,お詫び申し上げます。
「階数≦2,かつ延べ面積≦500m2」左側の記号
誤)No
正)Yes
2017年11月07日
『新 ザ・ソイル』訂正とお詫び
100頁の5~10行目で、表記に誤りがありました。訂正して、お詫び申し上げます。
詳しくは、リンク先(http://www.k-gijutsu.co.jp//user_data/packages/default/pdf/130-2.pdf)の正誤表をご参照ください。
2017年07月27日
『もとめる断熱レベルとめざす省エネレベル』 訂正とお詫び
235頁の12行目・16行目・18行目で、表記に誤りがありました。訂正して、お詫び申し上げます。
誤)AFP
正)APF
詳しくは、リンク先(http://www.k-gijutsu.co.jp//user_data/packages/default/jpg/151-1.jpg)の正誤表をご参照ください。
2017年07月06日
『断熱建材ガイドブック』 訂正とお詫び
『断熱建材ガイドブック』内の表記に誤りがありました。訂正して、お詫び申し上げます。
詳しくは、リンク先(http://www.k-gijutsu.co.jp/user_data/packages/default/pdf/155.pdf)の正誤表をご参照ください。
2017年05月22日
月刊建築技術2017年6月号 訂正とお詫び
特集の扉頁(83頁)で、監修者名の表記に誤りがありました。訂正して、お詫び申し上げます。
誤)監修:浦江真人◎東洋大学理工学部建築学科教授
正)監修:浦江真人◎東洋大学理工学部建築学科教授 + 曽根巨充◎前田建設工業㈱建築事業本部TPM推進グループ
2017年02月16日
広告掲載のご案内
月刊「建築技術」2017年4月号(発売日:2017年3月17日)
広告申込締切日:2月17日金曜日
広告原稿締切日:2月24日金曜日
2017年01月24日
月刊『建築技術』総目次
月刊『建築技術』の総目次ページを更新しました。
1950年から2016年までの目次をご覧いただけます。
バックナンバーをお探しの際にご使用ください。

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

マイページ
ページトップへ