ピックアップ

月刊建築技術 2020年3月号 CPD2単位

月刊建築技術 2020年3月号 CPD2単位

【特集】非構造部材に求められる耐震・耐風設計
監修:清家剛
熊本地震で防災拠点の機能継続が着目された。さらに近年は台風による屋根や外装の強風被害も頻発している。非構造部材は,これまでどおりの耐震設計や耐風設計最低限の基準を守るだけでなく,さらなる性能向上を目指すべきである。本特集では,一部壊れても落下しない,深刻な被害をもたらさないといった今後の非構造部材のあるべき姿を考察する。

詳しく見る

おすすめ書籍案内

省エネ基準 説明の義務 南雄三が説明したら…

省エネ基準 説明の義務 南雄三が説明したら…

南 雄三 著
省エネ基準のクリアは計算書の提出で済んでも,建築主からの質問に対して設計者は説明できなければならない。省エネ基準改正の「説明義務」を,建築主や設計者,およびハウスメーカーの営業担当にわかりやすく解説する。

詳しく見る

月刊建築技術 2020年1月号 CPD2単位

月刊建築技術 2020年1月号 CPD2単位

【特集】逃げ腰ではすまされない断熱・省エネ改修
監修:南 雄三
既存住宅の断熱・省エネ改修について,国の断熱・省エネ改修推進施策,省エネ改修の効果推計,改修工事の対処の仕方,断熱材・開口部材の再利用の取組み,改修事例などを紹介する。

【architectural design】
日向市庁舎│内藤・安藤アーク甲斐設計共同企業体

詳しく見る

実務者が教える鉄骨構造設計のポイント

実務者が教える鉄骨構造設計のポイント

宮里直也 監修

鉄骨構造設計において,若手設計者が間違いやすいことに対する注意点や,その解決に向けた工夫などを,経験豊かな実務者が解説する。実務者の視点から事例を交えながら解説をし,実務的で実践的な内容としている。

詳しく見る

月刊建築技術 2018年10月号 CPD2単位

月刊建築技術 2018年10月号 CPD2単位

【特集】杭基礎を正しく設計・施工するための基礎知識
監修:桑原文夫・加倉井正昭
基礎杭に関する大臣告示とガイドラインの概説,設計者・施工者に必要な基本知識,杭種ごとの特徴と設計・施工の留意事項,正しい施工を行うための現場での対処を解説し,関連団体の最近の取組みも紹介する。

【architectural design】
北方町庁舎│CAn・武藤圭太郎建築設計共同体

詳しく見る

病院建築スペシャリストへの道

病院建築スペシャリストへの道

山下設計 病院建築プロジェクトチーム 著

病院建築のスペシャリストが実務設計の流れに沿って病院の計画や設計のノウハウを伝授。「高齢者」「地域」「患者」「機能性」など変貌する病院建築の展望も丁寧に解説。病院設置の計画予定者にも最良の書。

詳しく見る

月刊建築技術 2016年10月号  CPD2単位

月刊建築技術 2016年10月号  CPD2単位

【特集】新たな「常識」を生み出す構造観
監修:腰原幹雄
構造設計者は設計のみならず,工法や施工,材料の知識をもつことで,これまでの「常識」を超える新たな技術へのチャレンジもできるようになる。本特集では,構造設計のひらめきや発想で次なる「常識」がどのように生まれるか,常識の視点を変えて考える

【architectural design】
東北学院大学ホーイ記念館│三菱地所設計

詳しく見る

もとめる断熱レベルとめざす省エネレベル

もとめる断熱レベルとめざす省エネレベル

南雄三 著

「快適で健康な家づくり」を住宅内の最低温度から図版と南雄三流の語り口で紹介。エンドユーザーの方々だけでなく,ハウスメーカー・パワービルダー・工務店の方々にとっても役立つ内容となっている。

詳しく見る

月刊建築技術 2014年3月号 CPD2単位

月刊建築技術 2014年3月号 CPD2単位

【特集】RC工事の「検査力」養成講座
監修:浦江真人+大湾朝康
問題となる箇所を予知し,施工段階で不都合を見つけ,問題点への対処までを含めた能力「検査力」。設計者,施工者の検査力が向上し,精度の高いRC建築物を構築するために役立つことを期待し編纂。

【architectural design】
東京工業大学 緑が丘6号館│奥山信一研究室+梓設計
阿佐谷の住処│奥山信一研究室

詳しく見る

新着情報

☆★☆ 新着情報はRSSで配信しています。★☆★

2020年01月19日
【佐久間順三流SUISUIわかる 木造住宅の耐震診断│耐震補強設計│補強工事の勘所】訂正とお詫び
『佐久間順三流SUISUIわかる 木造住宅の耐震診断│耐震補強設計│補強工事の勘所』において、表記に誤りがありました。訂正して、お詫び申し上げます。
詳しくは、下記をご参照ください。
http://www.k-gijutsu.co.jp/user_data/packages/default/pdf/156seigohyo1.pdf
2019年12月06日
【断熱建材ガイドブック】訂正とお詫び
『断熱建材ガイドブック』において、表記に誤りがありました。訂正して、お詫び申し上げます。
詳しくは、リンク先(http://www.k-gijutsu.co.jp/user_data/packages/default/pdf/155seigohyo1.pdf)の正誤表をご参照ください。
2019年11月07日
日精プラステック+BB研究会共催セミナー
「省エネ基準・説明の義務 南雄三が説明したら…」開催のお知らせ

日時 2019年12月9日(月) 13:30~17:00
会場 フォーラム・ミカサ・エコ 7階(東京都千代田区内神田1-18-12 内神田東誠ビル) tel.03-3291-1395
受講料 会員:3,500円(書籍持参は2,000円) 一般:4,500円(書籍持参は3,000円)
申込先 to事務局・日精プラステック馬場
    sg.baba@c-serve.co.jp
    fax.03-5695-7821
問合せ 日精プラステック tel.03-5695-7815

詳しくはこちら ⇒ http://www.k-gijutsu.co.jp/user_data/packages/default/pdf/nissei191209.pdf
2019年10月01日
【建築士のための擁壁設計入門 訂正とお詫び】
『建築士のための擁壁設計入門』内の表記に誤りがありました。訂正して、お詫び申し上げます。
詳しくはリンク先(http://www.k-gijutsu.co.jp/user_data/packages/default/pdf/161seigohyo2.pdf)の正誤表をご参照ください。
2019年09月13日
【消費税率変更に伴う雑誌・書籍の定価変更について】
2019年10月1日から消費税率の変更に伴う定価変更のお知らせ

●月刊「建築技術」の新定価について
月刊「建築技術」は2019年11月号(12月17日発売)より,本体価格1,759円は据え置きのまま,消費税率が10%になりますので,定価1,935円に変更になります。
【定価変更前】定価:1,900円(本体価格1,759円+税8%)
【定価変更後】定価:1,935円(本体価格1,759円+税10%)

●月刊「建築技術」の年間購読料の変更について
年間購読については,2019年12月号以降のお申込み(更新を含む)から,1年間は23,220円(税込),2年間は46,440円(税込)と変更となります。
【定価変更前】1年間:定価:22,800円(税込) 2年間:定価:45,600円(税込)
【定価変更後】1年間:定価:23,220円(税込) 2年間:定価:46,440円(税込)

●書籍の新定価について
書籍については,すべての商品の本体価格は据え置きとします。消費税が10%に変更になりますので,新定価は本体価格+消費税(10%)となります。
2019年08月22日
【Book Information】
あと施工アンカーに関する講習会、筆記試験の参考図書として、ぜひお求めください。

『あと施工アンカー 設計・施工読本 初歩から応用まで』
広沢雅也+松崎育弘 監修
3,670円(税込)
詳しくはこちら ⇒ http://www.k-gijutsu.co.jp/products/detail.php?product_id=654

「月刊建築技術2018年4月号 特集:知ってるつもりで知らないあと施工アンカー」
松崎育弘+細川洋治+中野克彦 監修
1,900円(税込)
詳しくはこちら ⇒ http://www.k-gijutsu.co.jp/products/detail.php?product_id=913
2019年08月02日
【実務者が教える鉄骨構造設計のポイント 訂正とお詫び】
『実務者が教える鉄骨構造設計のポイント』内の表記に誤りがありました。訂正して,お詫び申し上げます。
詳しくは,リンク先の正誤表をご参照ください。
http://www.k-gijutsu.co.jp/user_data/packages/default/pdf/tekkotsukozo160.pdf
2019年07月18日
【建築構造用語事典Ⅱ 訂正とお詫び】
『建築構造用語事典Ⅱ』で,誤記および脱落がありました。訂正してお詫び申し上げます。

[148頁7行目]
誤) keil  正) keel

[執筆者紹介追記]
中川幸洋 (なかがわ ゆきひろ)
㈱福井建築設計事務所
2019年06月19日
【世界の構造デザインガイドブックI 訂正とお詫び】
『世界の構造デザインガイドブックI』内の表記に誤りがありました。訂正して,お詫び申し上げます。
95頁 右段10行目
誤)1900  正)1889
95頁 右上写真のキャプション
誤)1900  正)1889
2019年02月11日
【月刊建築技術2019年1月号 訂正とお詫び】
85頁の本文左段20行目から本文右段1行目で、文章が一部抜けておりました。訂正して、お詫び申し上げます。
誤)施主にフィルターの掃除を指導するだによる換気量不足が問題になるときを迎えている。
正)施主にフィルターの掃除を指導するだけで終わり,施主はそれを怠り……メンテナンスの不備による換気量不足が問題になるときを迎えている。
2018年05月30日
月刊建築技術2018年6月号 訂正とお詫び
89頁の図1中で表記に誤りがありました。訂正して,お詫び申し上げます。
「階数≦2,かつ延べ面積≦500m2」左側の記号
誤)No
正)Yes
2017年11月07日
『新 ザ・ソイル』訂正とお詫び
100頁の5~10行目で、表記に誤りがありました。訂正して、お詫び申し上げます。
詳しくは、リンク先(http://www.k-gijutsu.co.jp//user_data/packages/default/pdf/130-2.pdf)の正誤表をご参照ください。
2017年07月27日
『もとめる断熱レベルとめざす省エネレベル』 訂正とお詫び
235頁の12行目・16行目・18行目で、表記に誤りがありました。訂正して、お詫び申し上げます。
誤)AFP
正)APF
詳しくは、リンク先(http://www.k-gijutsu.co.jp//user_data/packages/default/jpg/151-1.jpg)の正誤表をご参照ください。
2017年05月22日
月刊建築技術2017年6月号 訂正とお詫び
特集の扉頁(83頁)で、監修者名の表記に誤りがありました。訂正して、お詫び申し上げます。
誤)監修:浦江真人◎東洋大学理工学部建築学科教授
正)監修:浦江真人◎東洋大学理工学部建築学科教授 + 曽根巨充◎前田建設工業㈱建築事業本部TPM推進グループ
2017年02月16日
広告掲載のご案内
月刊「建築技術」2017年4月号(発売日:2017年3月17日)
広告申込締切日:2月17日金曜日
広告原稿締切日:2月24日金曜日
2017年01月24日
月刊『建築技術』総目次
月刊『建築技術』の総目次ページを更新しました。
1950年から2016年までの目次をご覧いただけます。
バックナンバーをお探しの際にご使用ください。

サイトマップ

サイト内検索

商品カテゴリー


ログイン

マイページ
ページトップへ